ゲームプログラマーになるために必要なスキル|仕事内容・年収推移

ゲーム業界転職

ゲームプログラマーの1日のスケジュールや仕事内容・年収推移について掲載しています。ゲームプログラマーになるための必要な資格やスキル、未経験から転職する方法についてご紹介しているので、ゲーム業界に転職を考えている人はぜひ参考にしてください。

 

スポンサーリンク

ゲームプログラマーの仕事内容

ゲームが動くようにプログラミングをするのが仕事です。

ゲームプランナーが考えた設計書を元に、キャラクターの動きやサウンドなどのプログラムを組みます。

ゲームのプログラムを組む

ゲームの開発言語を使って、ゲームソフトやアプリを制作していきます。

ゲームプランナーやゲームディレクターが制作した企画書やシナリオを参考にしながらプログラミングしていきます。

さまざまな動きやシチュエーションをゲーム上に実現するために、現場目線で検証をしていくのがゲームプログラマーの需要な仕事の一部となります。

機能改善や新規企画の提案

企画の進行具合によって、機能の改善や新規企画に関わることがあります。

プレイしているユーザーを飽きさせないために、リリース後も新機能の追加やゲーム内のイベントの開催などの更新が求められるからです。

その際に現場の意見を聞かれることがあるので、プログラミングだけではなく企画段階から会議に参加することがあります。

開発環境を整える

ゲームプログラマーは、制作を円滑に進めるための準備など開発環境も整えていきます。

複数のプログラマーが協力してゲームをプログラミングしていくので、メンバー間で使いやすい共有ツールがあると、プロジェクトが円滑に進んでいきます。

 

スポンサーリンク

ゲームプログラマーの1日

1日のスケジュール

●9:00 出社 メールとカレンダーを確認します。

●9:30 タスクの確認 メール、当日のタスクを確認します。

●10:00 ミーティング 新規案件のチームミーティングをします。

●11:00 仕様書制作 プログラミングの基礎を考えていきます。

●13:00 休憩 ランチタイムです。

●14:00 検証 実際にプログラミングを組んでいきます。

●18:00 残業 残りの仕事があれば、処理をしていきます。

●20:00 退社 帰宅後、新作のゲームの情報を確認します。

残業の有無

ゲームプログラマーの残業の有無は、プロジェクトの進行具合によって異なります。

ここでは、通常時と納品前の2つのパターンに分けて、残業の有無についてご紹介します。

通常時

通常時は、ほとんど残業時間はありません。

1日の業務時間は8時間。ゲームプログラマーは、始業時間が遅めになっていることが多いので、朝が苦手な人が勤務しやすいです。

納品前

納品前は、納期に追われるため開発の進行具合によって残業時間が増えてしまいます。

ゲームの開発には、膨大な予算や多くの企業が携わるので、納期を簡単に延期することは難しいからです。

そのため、納品前は残業時間が増えて「深夜まで残業が続く」ということも珍しくありません。

休日出勤の有無

ゲームプログラマーは基本的に休日出勤はありませんが、プロジェクトの進行具合によって休日出勤する日があります。

大手ゲーム会社の場合、休日出勤があっても、振替休日や休日出勤手当ての福利厚生を受けることができるので安心です。

職場の環境

年代は20代から30代の方々が多いので、休憩時間は懐かしのゲームで盛り上がることもあります。

ゲームやプログラミングが好きな人がたくさん集まっているので、ゲーム好きにとっては最適な職場環境です。

大手企業の場合、福利厚生もしっかりしているので、長期休暇や育児休暇などを取得しやすいです。

 

スポンサーリンク

ゲームプログラマーの年収推移

正社員の年収の平均は400万円〜500万円です。実務経験やスキルが多いほど高くなる傾向があります。

実務経験を積み重ねてフリーランスになれば、年収900万円以上を目指すことも可能です。

正社員の年収

ゲームプログラマーの正社員は、応募条件に実務経験が1年から3年以上必要な場合が多いです。

未経験の場合はアルバイトまたはゲームデバッガーからキャリアアップして正社員になる人が増えてきています。

ゲームプログラマーの年収は実務経験が長いほど高い傾向です。

年代 年収
20代 300万円
30代 500万円
40代以上 600万円

フリーランス

完全出来高制と時給制のパターンがあります。さらに実務経験の有無が問われてくるので、正社員として経験を重ねてからフリーランスになる方が多いです。

フリーランスの場合は月給で60万円以上、稼いでいるということも珍しくないので正社員より年収が高いのが特徴です。

年代 年収
20代 480万円
30代 600万円
40代以上 960万円

 

スポンサーリンク

ゲームプログラマーに必要な資格とスキル

ゲームプログラマーになるためには、プログラミングスキルや英語力の知識を身につけておくことで、転職の際に有利になります。

実際にゲームプログラミングを目指している人に向けて、必要な資格やスキルについてご紹介するので参考にしてください。

プログラミング言語

ゲームプログラマーとして活躍するためには、プログラミング言語を必ず理解しておきましょう。

ゲーム開発で使うプログラミング言語は1種類だけではないので、自分が開発したいゲームに合わせて、プログラミング言語を学ぶ必要があります。

スマホゲーム

  • Swift(iPhone)
  • Object-C(iPhone)
  • Java(Android)
  • kotlin(Android)
  • Unity
  • Cocos2d-x

スマホゲームで必要なプログラミング言語は、上記で記載している言語です。

iPhoneとAndroidでは、開発言語が異なるので、その辺りをきちんと理解することも重要となってきます。

また、最近のスマホゲームはオンライン接続が必要な多いため、UnityやCocos2d-xなどのプログラミング言語を身につけておくと良いでしょう。

プログラミング言語の学習に関しては、オンラインスクール等でスキルを身につけることができます。

テックアカデミーのプログラミングスクール無料体験はこちらから

コンシューマーゲーム

  • Unreal Engine4
  • unity

コンシューマーゲームに必要なプログラミング言語は、Unreal Engine4です。

Unreal Engine4は歴史の長いプログラミング言語で、有名なゲームタイトルにも使用されています。

また、unityの言語スキルを身につけることで、スマホゲームやPCゲームなど、さまざまなプラットフォームに対応したゲームを開発することが可能です。

PCゲーム

  • JavaScript
  • HTML
  • CSS

PCゲームに必要な言語は「JavaScript」「HTML」や「CSS」です。

ゲーム開発やWeb業界など、さまざまな企業が使っているプログラミング言語です。

上記3つの言語が使えると、シューティングゲームやアクションゲームなどのPCゲームが作れます。

英語力

プログラミングコードは、全てアルファベット(英語)を使われているため、最低限の英語力を身につける必要があります。

しかし、高い英語力が必要というわけではないので、中学生レベルの英語力があれば問題なく業務をこなすことができるでしょう。

大手企業の場合、海外のゲーム企業やプログラマーと交流する機会があるので、ビジネス英語レベルを求められる場合があります。

数字・物理に関する知識

最近はリアルな世界観を求めるユーザーが多いので、数学や物理演算の知識が必要となってきます。

ゲームでリアルな世界観を作るためには、人の動きや物体の動きを理解し、プログラミングで再現する必要があるからです。

また、開発を進める中でさまざまな問題点に直面することがあります。そんな問題点を追究・改善するためには、数学的な思考(論理的思考)が必要な場合が多いです。

ゲームプログラマーとして活躍したいのであれば、数学や物理に関する知識を身につけておきましょう。

ロジカルシンキング

計画性をもってプログラミングを行うために、ロジカルシンキングが必要です。

プランナーの指示や自分が書いたプログラミング言語の相違の判断ができれば、作業効率が上がっていきます。

常に物事について深く考えたり、「なぜこうなるのだろう」と物事の順序について考えることで、ロジカルシンキングのスキルを培うことができるでしょう。

コミュニケーション能力

ゲーム開発に携わる場合、メンバーとしっかりコミュニケーションを取ることが重要です。

ゲームの開発には多数のメンバーが関わっているので、小さな問題でも一人で悩まずにメンバーに相談しながら業務をこなしていきましょう。

チーム内での適度な連携とホウレンソウを意識することで、コミュニケーションを円滑に取ることができるはずですよ。

 

スポンサーリンク

未経験からゲームプログラマーになる方法

未経験からゲームプログラマーになる方法は、大学や専門学校・オンラインスクールに通う方法があります。

ここでは、未経験からゲームプログラマーになる方法を具体的に紹介しているので参考にしてください。

  • 大学に通う
  • 専門学校に通う
  • プログラミングスクールに通う

大学に通う

大学に通うことで、プログラミングの専門的な知識を幅広く学ぶことができます。

大学によってゲーム制作をカルキュラムに取り入れている学校もあるので、ゲーム開発のスキルを身につけたい人は、そのような大学に行くのがおすすめです。

専門学校に通う

大学まで通うのが難しい場合は、1年or2年で卒業することが可能な専門学校がおすすめです。

専門学校の場合、ゲームプログラマーになるために特化した学科を設置しているところも多いので、ゲーム開発の専門的な知識を学ぶことができます。

夜間部などもあるので、昼は働いて、夜に通学するということも可能です。

就職サポートも充実しているので、未経験からゲームプログラマーを目指している人は、専門学校に通うのが良いでしょう。

ヒューマンアカデミープログラミング講座 

プログラミングスクールでスキルを身につける

学校に通学するのが難しい人は、在宅でプログラミングスキルを学ぶことができるオンラインスクールが良いでしょう。

プログラミングスクールの場合、数週間~半年程度でプログラミングスキルを学ぶことができるカリキュラムになっているので、「可能な限り早めにスキルを身につけて、ゲームプログラマーとして活躍したい」という人におすすめです。

自分に合った学習プランを講師が提案し、細かい質問にも個別で対応してくれるので、オンラインスクールでも高いプログラミングスキルを身につけることができます。

プログラミングスクール・テックアカデミーでは、期間限定でプログラミングの無料体験をやっています。転職保証もあるので、未経験からゲームプログラマーを目指している人におすすめです!!

テックアカデミーのプログラミングスクール無料体験はこちらから

スキルを身につけたらエージェントを利用

プログラミングスキルを身につけたら、転職エージェントを使って、ゲーム業界に転職しましょう!!

担当のエージェントが転職サポートしてくれるので、自分の理想のゲーム会社に就職することができます。

転職エージェントの登録は無料なので、未経験からゲームライターに転職したい人は、すぐに登録しておこう。

ゲーム業界の転職エージェント

ファミキャリ
ゲーム業界転職専門のエージェント
マイナビエージェント
20代からの人気が高くゲーム業界の転職率が高い
リクルートエージェント
業界No1!!転職者の8割が利用したことがある大手転職エージェント

 

スポンサーリンク

ゲームプログラマーのキャリアパス

ゲームプログラマーの経験を活かして、下記のポジションにキャリアステップすることができます。

  • ゲームディレクター
  • ゲームプロデューサー
  • 条件が良い会社に転職
  • フリーランスになる

ゲームディレクターに転身

ゲーム開発の現場リーダーとなるゲームディレクターにキャリアステップすることができます。

開発リーダーとしてチームをまとめるためにはプログラミングスキルなど、開発の知識も必要なのでゲームプログラマーで得た知識を活かしながら働くことが可能です。

ゲームディレクターになることで、年収のアップも期待することができます。

ゲームディレクターの仕事内容と年収推移|ゲーム業界転職エージェント
ゲームディレクターの仕事内容や1日のスケジュール、年収について掲載しています。また、ゲームディレクターに必要な資格やスキル、未経験から転職できる方法について紹介しているので、転職を考えている人は、ぜひ参考にしてください。

ゲームプロデューサーに転身

ゲームプログラマーで積み重ねてきた経験を活かして、ゲームプロデューサーにキャリアステップすることが可能です。

ゲームプロデューサーの場合、ゲームディレクターのポジションを経験してからキャリアステップすることが多いです。

ゲームプロデューサーになると、予算やメンバーの役割・配置など、プロジェクト全体の管理を任されることになります。

責任重大なポジションではありますが、一つのゲームがリリースしたときの達成感を存分に味わうことができる職種の一つです。

条件が良い会社に転職する

ゲームプログラマーの経験を活かして条件が良い会社に転職することができます。

大手ゲーム会社であれば福利厚生がきちんと整っている会社が多いので、働きやすい環境で仕事をすることができるでしょう。

また、会社ごとに社風や力を入れている分野が異なるので、自分の経験になるのも転職のメリットです。

転職のメリット

  • 給料アップが期待できる
  • 福利厚生が良くなる
  • さまざまな経験を得ることができる

フリーランスになる

ゲームプログラマーとして会社で経験を積んだ後に、独立してフリーランスとして活動することができます。

フリーランスの場合、働く場所や勤務時間に縛りがないので、自分に合ったタイムスケジュールで働くことができるのが特徴です。

また、案件さえ受注できれば、報酬面も正社員と比べて3倍~5倍程度の収入を期待することができます。

 

スポンサーリンク

ゲームプログラマーの将来性

現在、ゲーム業界全体が急成長しているので、ゲームプログラマーの将来性は十分に期待して良いでしょう。

担当しているタイトルの人気次第では、年収1000万円も夢ではありません。

まだまだ、ゲームプログラマーとして活躍している人は少ないので、これからプログラミングスキルを学んで、プログラマーを目指す人生設計はおすすめ!!

ゲームプログラマーとして実績を積めば、ディレクター業やプロデューサー業にキャリアステップすることも可能です。

この記事で紹介したことを参考にしながら、ゲームプログラマーを目指しましょう。

 

スポンサーリンク

ゲームライターの求人情報

ファミキャリ

ファミキャリは、ゲーム業界に特化したエージェント(転職サイト)なので、「とにかくゲーム業界に転職したい」という人におすすめです。

担当エージェントがゲーム業界に詳しいので、未経験でも充実したサポートを受けることができます。

①ゲーム業界専門のエージェント(転職サイト)
②中小ゲーム企業とのコネクションあり
③担当エージェントがゲーム業界に詳しい

ファミキャリに相談する

マイナビエージェント

マイナビエージェントは、第二新卒、若手層を採用したい企業の紹介数が業界No1です。

取り扱っている企業は幅広く、ゲーム業界以外の転職もできます。

20代でゲーム業界に転職したい人におすすめのエージェントです。

①第二新卒!!若手層を採用したい企業の紹介数がNo1
②20代の登録者数No1
③ゲーム業界以外の転職も可能

マイナビエージェントに相談する

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、業界No1の登録者数で転職経験した8割の人が利用したことがあるエージェントです。

大手エージェントということもあり、ゲーム業界へのコネクションが多数あります。

また、提出書類の添削、面接対策が充実しているので、ゲーム業界未経験にもおすすめです。

①業界No1の登録数!!転職者の8割が利用経験あり
②提出書類の添削、面接対策が充実
③ゲーム業界だけではなく、幅広い企業とのコネクション

リクルートエージェントに相談する

コメント

タイトルとURLをコピーしました