三国志覇道攻略:左慈

三国志覇道 TOP 三國志覇道攻略
目次
基本情報 オススメ編成
オススメ装備 その他関連ページ
TOPページへ戻る
三国志覇道攻略:登場武将一覧
こちらのページでは三国志覇道の武将の一覧を紹介しています。魏・呉・蜀別で掲載していますので編成の参考にしてみてください。
スポンサーリンク

左慈基本情報

入手方法

入手方法 天武 総戦力 個人評価
探索 850 4144 6.5/10点

ステータス

武将 兵科 所属 技能
左慈左慈 歩兵 機略 暗転 運搬
統率 武力 知力 政治 魅力
326 246 751 267 703

戦法

戦法名 説明
神仙方術 対象に混乱を付与し、全ての兵科に対して悪相性にする。自身1部隊に取込を付与
兵科 効果系統 属性
なし なし なし
発動感覚 対象範囲 基礎連鎖 連鎖順
35秒 25% 遅い
効果 対象範囲 継続
追加効果1 混乱 敵/単 15秒
追加効果2 兵科相性変化 敵/単 15秒
追加効果3 取込 自分/単 15秒

※混乱:部隊に命令できくなくなる

※取込:確率で受けた攻撃を無効化し攻撃の威力に応じて負傷兵を兵力に回復する

技能

機略 部隊の知力+3%
暗転 部隊が壊滅した際、相手の命中率を20秒間10%下げる
運搬 部隊の輸送力+3%

左慈の強さのポイント

左慈の1番の強みは珍しい技能「暗転」と戦法での珍しい付与効果「取込」です。

「取込」の発動確率は調査中ですが、相手の攻撃が強力なほど負傷兵が回復するといった変わった効果を付与できます。

ただし知力・魅力が高いだけのため決して元々の防御力は高くありません。

また戦法発動を考えると主将・副将での使用になりますが、蜀の歩兵は武力が中心のため編成はしにくくなっています。

三国志覇道攻略:戦闘技能一覧と対象武将
こちらのページでは三国志覇道の戦闘技能別に武将を紹介しています。編成時の技能レベルを決める際に参考にして下さい。

 

スポンサーリンク

左慈使用時のオススメ編成

張飛(翼徳)主将編成

総合評価 対人 対物 対賊 防衛
S SS S S A
主将 副将1 副将2 補佐1 補佐2
張飛張飛 姜維姜維 劉備劉備 孫権孫権 楽進(SR)
スキル名 発動率 効果
張飛

剛胆無比

100% 自身1部隊の攻撃を100%上昇し、対象に300%の攻撃。さらに攻撃速度を50%低下
姜維

麒麟児の志

37.3% 自身を含む味方3部隊の攻撃、攻撃速度、知力を上昇。さらに弱化効果を打ち消す
劉備

全軍奮励

34.5% 自身を含む味方3部隊の通常攻撃待ち時間を大きく短縮。さらに攻撃速度を75%上昇

入替候補

副将2 左慈左慈 神仙方術 「暗転」「運搬」
補佐2 周泰周泰 戦法発動無し 「用心棒」「金剛」
補佐2 王異王異 戦法発動無し 「献身」「発破」
補佐2 于吉于吉 戦法発動無し 「報復」「暗転」

トータル技能

スキル名 レベル 効果
豪傑 1 部隊の会心倍率+7%
奮戦 1 兵力が50%以下の際、部隊の攻撃+7%
機略 1 部隊の知力+3%
掃討 1 部隊の攻撃速度+2%
幸運 1 都市外での部隊の獲得経験+5%
人脈 1 探索で獲得する友好度に+1
連帯 2 主将と同兵科の武将数×2%、部隊の攻撃が上昇
金剛 1 部隊の防御+3%

強さのポイント

張飛の高火力戦法を活かしながら会心発生や攻撃UPをメインにしていく編成です。

HPを50%切った状態での攻撃UP率は驚異の+17%となり、戦法でも更に火力が上がります。

兵科の騎馬が多いため有利に戦えることが多く、作っておきたい編成の1つです。

劉備のの技能では戦闘向きではありませんが、戦法が姜維と好相性のため入れておきましょう。

楽進(SR)を「周泰」などと入れ替えて防御を上げる技能に変えても良いですが、連鎖で攻撃速度を高める戦法のため「連帯」レベルを上げ火力を上げていきましょう。

三国志覇道攻略:最強部隊編成と編成のポイント
こちらのページでは三国志覇道の編成のポイントと最強の部隊編成を紹介しています。組み合わせは多種多様ですが、「騎兵」「歩兵」「弓兵」とそれぞれオススメの編成を掲載しているので参考にしてみてください。
三国志覇道攻略:登場武将一覧
こちらのページでは三国志覇道の武将の一覧を紹介しています。魏・呉・蜀別で掲載していますので編成の参考にしてみてください。
スポンサーリンク

オススメ装備

準備中

↑ページ上に戻る

スポンサーリンク

三国志覇道の人気ページ

三国志覇道攻略:最強部隊編成と編成のポイント
三国志覇道攻略:その他特化型のオススメ編成(無・微課金向け)
三国志覇道攻略:サーバー3の軍団紹介
三国志覇道攻略TOP
三国志覇道攻略:戦闘技能一覧と対象武将
⇒三国志覇道攻略TOPに戻る

コメント

タイトルとURLをコピーしました