【ラグナド攻略】最強キャラクターランキング

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ラグナドール 妖しき皇帝と終焉の夜叉姫

【ラグナドール 妖しき皇帝と終焉の夜叉姫 キャラ】ラグナドの最強キャラクターランキングをご紹介しています。ストーリーの進行やキャラクターの役割を掲載しています。ラグナドでキャラクター選択で迷った際に参考にしてください。

ゲームサーチ公式ツイッターにてラグナドール 妖しき皇帝と終焉の夜叉姫の攻略情報を投稿しています。ラグナドール 妖しき皇帝と終焉の夜叉姫をプレイされている方はぜひフォローしてください。
スポンサーリンク

ラグナドのキャラクターランキング

ラグナドール 妖しき皇帝と終焉の夜叉姫の最強キャラクターのランキングを掲載しています。

【注意】ラグナドール 妖しき皇帝と終焉の夜叉姫の最強キャラクターのランキングはリリース後に更新する予定です。
  • 夜叉ノ國
  • 山嶽ノ國
  • 花魁ノ國
  • 堺ノ國
  • 鬼ノ國
  • 地獄
  • 天狗ノ國
  • 大蛇ノ國
  • 妖狐ノ國
  • 遊郭
  • 晴明勢
  • 八大妖帝
  • その他

夜叉ノ國

【注意】ラグナドール 妖しき皇帝と終焉の夜叉姫の最強キャラクターのランキングはリリース後に更新する予定です。
順位 キャラクター 特徴
ぬりかべ 「あなたのこと、絶対に守るって決めたの!」滝夜叉姫のお世話係ぬりかべ一族に生まれ育つ両親を早くに亡くしており、激甘な祖父と祖母に育てられた滝夜叉姫を筆頭に、自由気ままな妖怪が多い中でおとなしく世話焼きなのが理由でみんなに振り回されている料理は美味いし健気で気づかいのできる彼女は、居なくてはならない縁の下の力持ち左右の「石壁」は出し入れ自由慣れていないせいか、あまり石壁の重さにバランスを崩して転ぶこともおとなしい性格で、静かにお茶を飲む時間がもっとも幸せな瞬間まだまだ愛くるしい子どもだがぬりかべの性質上、心の芯は強く硬い誰かのためにコレと決めたらテコでも動かないし絶対に譲らないそれが自己犠牲に繋がるものだったとしても、彼女は喜んで身を捧げてしまう危うさがある
イヅナ 「命を懸けてお守りします!」滝夜叉姫の屋敷の守護者であり、同時に攻撃の要でもある身の丈ほどの太刀を存分に振る舞う力そして素早い身のこなしで、敵に接敵する戦闘力は図抜けているあまりに真っ直ぐな性格なため、搦め手を使う敵に対しては脆いが、憑いているクダがそれを補う形で注意を促してくれる妖狐ノ國で育った幼い頃に國の妖主である天狐に拾われ育てられた恩があるその天狐の命により他國の良いところを勉強するため留学という形で夜叉ノ國に来ている
子泣き爺 「良ーく聞け!我が名は泣く子も黙る子泣き爺」子泣き爺は堺ノ國で兄とふたりで暮らしていた妖主である隠神刑部や、ぬらりひょんの下で堺ノ國の裏と表を行き来する橋渡し役を担っていた優しく、強く、自慢の兄子泣き爺はそんな兄を頼り、甘えて暮らしていただがある日、國全体を巻き込む災害が起こった日兄は仕事に行ったきり、帰ってこなかった今は滝夜叉姫の屋敷で雲外鏡の力を借りつつ、兄の行方を捜している常に彼と共にいるゴーレムは強力な力を持っており戦闘面で非常に役に立つ、非常に頼れる相棒であるまた、こっそり泣きたい時などはゴーレムに隠れるようにして泣くことも
のっぺらぼう 「フフン。 あんた、私のイタズラの弟子にならない?」 滝夜叉姫の一番の臣下(自称) 主に情報収集や索敵など忍者として暗躍している 毒舌でぶっきらぼう、 そして小さな嘘やイタズラが好き 基本的に無表情で、仮面で顔の一部を常に隠している 顔のすべてを見られると 結婚しなければならないシキタリがある 子泣き爺はすぐ泣くので、一番のイタズラの対象 最高のおもちゃ かっこつけようと何やら大仰な言葉を喋りだすときは 正直ちょっとうっとうしく思っているので イタズラや毒舌がより激しくなることも ただ、基本的には可愛いやつという感じで情はある 花魁ノ國出身 花魁三姉妹に育てられていた
クダ 「おいイヅナ、ちったぁ落ちつけよ、見ているこっちの目が回っちまうぜ」クダはイヅナの補助役であり、お目付役であるイヅナが境の国に行く際に天狐から言われそれ以来行動を共にしている口が悪く、どちらかといえば粗暴なクダだが真面目すぎて視野狭窄に陥りやすいイヅナのよいフォロー役として機能しているいつもはクダがなにか余計な一言を加えてイヅナに怒られるだがいざという時には、イヅナが一杯一杯になる直前にクダが指摘する概ね良好。そんな関係だーーしかし、実はクダにはイヅナには知らせていない秘密がある
滝夜叉姫 「良いところにきた!ふふん、ちと面白いことを思いついたのでな」楽しいことが大好きで、好奇心旺盛政務はつまらないと言って、臣下の目を盗んでは変装して街に下り「わらわが何とかしてやろう!」と色んな問題ごとを解決してまわっている本人は良いことをしたと満足げだがヒトが困っているから手助けしたというよりは楽しそうなことがあったから首を突っ込んだだけしかし、自由奔放な行動の裏側には自國の民には楽しく暮らしていてほしいという思いがしっかりとある自分の懐に入れた者は、みな、自分の家族である「民は家族、家族は守るべき者」と当たり前のように考えている民からは慕われ、頼りにされているそして、手を焼かれている
座敷わらし 「生きてるだけで偉い偉い」座敷わらしが住み着いた家には幸がもたらされる――そんな定説がある実際には事実と少し異なり座敷わらしが能力的に自動で幸運を運んでくるのではなく裏でこっそりと人知れず住まわせてくれる人々に恩返しを自力でやっているだけのことにもかかわらず、誰もが「もっと幸運を」と求めてくる座敷わらしは、そのたびに姿を消さざるを得なかった「幸運にすること」を求められ続けた結果「自分は何もできない」ということを主張するような性格になってしまった初めは半ば演技だったらしいが今ではすっかり板についてしまった滝夜叉姫の屋敷で暮らしている名目上は「雲外鏡の世話係」であるが傍目には何もしていない
雲外鏡 「褒め過ぎよ~♡お姉さん何でもしてあげたくなっちゃう♡」夜叉ノ國の妖怪たちの中でも実はかなり古くからの存在で、滝夜叉姫とも付き合いが長いゆえに滝夜叉姫の過去などもある程度は把握しており彼女の屋敷に住まわせてもらう代わりに、自身の能力を貸し出している美容と健康に意識の高い、けれど微妙に抜けた残念系女子誰がなんと言おうとわたしは女子そう、この國でも最古参の妖怪女子。女子力ある妖怪であるため、割と自信過剰なこともあるが押されると逆に弱い。ちょろい褒め殺せばかなりいろいろ頼みを聞いてくれる普段は明るいお姉さんだが、そういうところがポンコツめいている
あずき洗い 「おいしいよ~!私のあずき、食べてみて!」おいしいあずきを多くの人に食べてもらい喜んでもらうのが生きがいであずきのおいしい食べ方を日々探求している最近は人間界から流れ着いたカレースパイスの研究に熱心であずきカレーを開発し座敷わらしや倉ぼっこに無理やり試食させているらしいぬりかべをとある事故から助けたことから滝夜叉姫の屋敷に招かれるが歓待されたお礼にと掃除や世話を始めたことからいつの間にか屋敷の住人に滝夜叉姫の屋敷で引きこもりや引っ込み思案のお世話係、家事などをしている宿場出身家族と客、従業員も含めて大家族のような環境で育つヒト見知りせず、誰とでも仲良くなれる性格に年下の面倒を見るのが得意
倉ぼっこ 「ねぇねぇ、私のコレクションの話、していーい?」引っ込み思案でシャイガラクタにしか見えない珍しい「お宝」を集めることが趣味で、お宝の話になると饒舌になる歌うことも大好きで完全防音の倉の中でひっそりと練習をしているらしいが恥ずかしがり屋なのでヒト前で披露したことはない座敷わらし、あずき洗いと仲が良い普段は、滝夜叉姫の屋敷で倉の守り神をしながらときどき、新たなお宝を探しに外に出ている

山嶽ノ國

【注意】ラグナドール 妖しき皇帝と終焉の夜叉姫の最強キャラクターのランキングはリリース後に更新する予定です。
順位 キャラクター 特徴
邪魅 「さぁ、行くわよ魔魅。私から離れないで頂戴」妹の魔魅と共に、山嶽ノ國の実質的な支配者として君臨強力無比な呪術の使い手であり、放つことさえできれば大抵の敵は容易に屠ることが可能國の運営にも権力にもさして興味はなく統治する山嶽ノ國に対しても自身と魔魅とが永劫ともにあるための場所という程度の思いしか抱いていない魔魅とふたり穏やかに自由に過ごすことのできる場所であるならばそれが山嶽ノ國である必要はないとも考えている花魁ノ國で生まれ、花魁ノ國で育ったがとある理由で去っている
魔魅 「邪魔する奴は消すの、一匹残らず」姉の邪魅と共に、山嶽ノ國の実質的な支配者として君臨ただし魔魅は補佐役としての印象が強い姉と共に永劫に共にあることこそが彼女の願いふたりの永遠を侵す者に対しては圧倒的な狂気と残忍さでもって対抗するふたりで過ごす時間。ふたりだけの永遠姉から供される無償の愛に心を震わせながら魔魅は穏やかに日々を過ごすただひとつ気に掛かるのは、時折不意に胸がざわめきに満ち満ちること
「心を読んだっていい事なんかない…」山奥に隠れ住み、ひっそりと暮らしている妖主の邪魅・魔魅を始め、覚の能力と居所を知る者は幾らかいるものの、覚が積極的な関わりを拒絶するため、交流は最低限度のそれにとどまっている読心の能力を行使するには相応の代償を払うことになるため、強者に力でもって能力の行使を迫られることを恐れている天邪鬼とははぐれ者同士破れ鍋に綴じ蓋のような寄り添う関係
天邪鬼 「ボクを信じるも信じないもキミ次第さ!」思ったことと逆のことを言うひねくれ者山嶽ノ國で好き勝手に生きている一応、山中に寂れた住居は持っているものの、ふらふらと國中をさまよっているため、不在であることが大半多くの者に疎まれていながら彼女自身の戦闘能力は高くないため悪事をなした末に追っ手から逃げ回っていることも多い決して口には出さないが覚が、互いに唯一の友人と呼べる存在
狒狒 「よく来た兄弟!今日も俺様とタイマン勝負だ!」実質的には邪魅・魔魅の部下邪魅と魔魅にふたりがかりでボコられた後結果的にふたりの部下として使われることと相成った邪魅・魔魅からは、「単独でならあなたが最強。天下無双。数多の妖怪を統べる百鬼の王――つまり、妖怪の王」とおだてられ、「王としての度量でもって、わたし達の願いを聞き届けて欲しい」と日々実質的な命令を下されているお願いを聞いてあげるという体で常に命令を受けているため狒々当人は、自身がふたりの部下以外の何者でもないことには、いまだ気が付いていない

花魁ノ國

【注意】ラグナドール 妖しき皇帝と終焉の夜叉姫の最強キャラクターのランキングはリリース後に更新する予定です。
順位 キャラクター 特徴
紅葉 「花が出るか鬼が出るか、この紅葉と遊んでみておくんなんし」第六天魔王の血を引き継ぐ鬼女母親を早くに亡くし、物心ついた時には孤児のようであったため、紅葉本人はそのことを知らない前妖主に頭の良さや観察眼、底知れぬ隠れた霊圧を買われ、若くして妖主を引き継ぐことになった自分の力で物事を解決しようとする気が強く、根は生真面目な性格男でも女でも構わず、惚れた相手には甲斐甲斐しく尽くしたいという気持ちがある妖主でありながら、部下を使うのが苦手自分ひとりの力でなんとかしてしまおうという気が強い
毛倡妓 「うふふ♪女の髪には妖気が宿るんですよ…さわってみます?」紅葉のお世話係として、常に付き添っているおだて上手で甘え上手ひとりでいるより、誰かといたいタイプあざといところもあるが、それは花魁として上手くやっていこうとしていたうちに身についたもの姉である紅葉に対しては、お世話係ということもあり、紅葉のためなら何でもしてあげたいと思うくらい強く好いている加えて、もっと自分を頼って欲しいとも考えている
絡新婦 「楽しそうだねぇ♪アタシも絡ませておくれよ♪」紅葉の姉、花魁兼くのいち自由奔放に振舞っているが、任務には忠実まどろっこしいことを考えるより先に興味のある方へと体が動いてしまう性格動きすぎて放浪気味おかげで毛倡妓が「どこかに行くなら、一声掛けてください!」といつも言っているまた、蜘蛛妖怪特有の気に入った者に対する非常に強い粘着癖があり、それが出ると他のことが目に入らなくなる妹である紅葉に対しては、出来の良さを認めているが、実際は苦労していることも知っている助けられることは助けたいと考えていて、自由奔放な絡新婦が紅葉から下された任務には忠実なのはその思いの現れ
垢嘗め 「ハァハァ…何やら素敵な気配が~」花魁ノ國にいる従業員主にお掃除をする禿(かむろ)明るくあっけらかんとした性格で、ヒノキ風呂の掃除をこよなく愛している朝起きて各部屋のお掃除、各廊下のお掃除お客の来店時はお客の身体洗い敵が現れれば敵をお掃除垢は汚れではあるが生きた証でもあると考えているモップは母親からの贈り物であり、大切にしているたまにデコっている激戦を繰り広げて戻ってきた者の垢が好きで、その身体洗いを想像すると興奮を隠せなくなってしまう枕返しにはいつも体のお掃除の練習台になってもらっている信頼している相手であり、からかい甲斐のある相手
枕返し 「まだまだNO!です」花魁ノ國にいる従業員主に寝所の清掃と整理整頓、をする禿(かむろ)堅物に見えるが、好奇心旺盛自らの好奇心に気付くと隠そうとするが、周囲の仲間が枕返しの好奇心に気付いた後に隠すので、非常にわかりやすい性格である。可否で回答できる質問であれば、手持ちの「YesNo枕」で答える。義務だと思っている垢嘗めのことは、自分にできない事ができる凄い人だと思っているが、自分を掃除の練習台にしてるとき顔を紅潮させ興奮しているのにはドン引くこともある
さざえ鬼 「今宵のお誘いは、受けてくれるわよねぇ?」花魁ノ國に来たお客の案内役得意の目利きでどの格の客か案内中に把握し花魁に情報を流す役目を帯びている店の用心棒も兼ねており武術の錬度は非常に高い垢嘗め、枕返しと同期で三人とも部屋は一緒寝る時は素っ裸で、枕返しをちょいちょい困らせている垢嘗めもさざえ鬼の真似をしようとしてさらに枕返しを困らせている枕返しの事も、垢嘗めの事も妹のような存在だと思っている

堺ノ國

【注意】ラグナドール 妖しき皇帝と終焉の夜叉姫の最強キャラクターのランキングはリリース後に更新する予定です。
順位 キャラクター 特徴
隠神刑部 「ふぁさッ、ボクと一杯やっていくかい?大歓迎だよ♪」堺ノ國の表をまとめる正式な妖主軽いノリなダメ男に見えるが、底知れぬ実力を持ち合わせている滅多に戦わないが、戦えば強い戦闘の際は、珍しい物を収集している折に手に入れた「リボルバー」を愛用している目を放せばイタズラをし始める可愛い子分たちの面倒を見つつ、猫又と今後の相談をしたり、新たに國へ来た妖怪へ顔見せをしたりと忙しい日々を送っている
鉄鼠 「おやおや、驚かさないで下さいよ。殺してしまうとこでした」隠神刑部の部下。猫又と並ぶ幹部。力で解決しようとする朱の盆とは違い、知恵を使うタイプ裏では非道なことも行っている仁義などはなく、より効率的な方法で、自分に都合の良いことを成そうとする。朱の盆とは常に意見が合わず、反発し合っている彼には目的があるそれを叶えるために、今は隠神刑部の忠実な部下の”フリ”をしている
猫又 「にゃにゃにゃ!なんだかゼニ儲けの匂いがするニャ~♪」隠神刑部の部下。鉄鼠と並ぶ幹部猫又の目的は、より堺ノ國を発展させること、多くの笑顔と金が溢れる國にすることであるいつも笑顔で自分の弱さを見せない常に笑顔であれば気を許しやすく、財布の紐も緩みやすい、というものだしかし、それ以上に、他者と仲良くしたいという気持ちが彼女の根底にはある他者と繋がるのも楽しいお金が増えるのも嬉しい彼女が常に笑顔でいるのは、実は不思議なことではなかった一反木綿とは友人関係であり、一反木綿と一緒に、堺ノ國に居た頃の子泣き爺の面倒を見ていた
一反木綿 「わー!よう来たばい!」堺ノ國で呉服屋を営んでいる幻妖界、随一のファッションデザイナー猫又の下で働いているような立ち位置であるが、ふたりは親友である。主従関係ではないどちらかと言えば協力関係であり、性格の違いもあるが、うまくお互いを助け合っているようだマイペースで、細かいことを気にしない性格をしている基本的には、服を作っていられればそれで幸せ女の子らしく甘味なども好きで、休憩のときは猫又と一緒に、甘味処へ行くことが多い身寄りのなくなった子泣きを放っておけず拾ってあげ、呉服屋を手伝うかわりに衣食住を提供していた、母親代わり「子泣きちゃん」と呼んで気にかけているが、子ども扱いしすぎる節もある
ぬらりひょん 「さぁて、百鬼夜行と洒落込もうか」堺ノ國の武をまとめる裏の頭であり、千年前に百鬼夜行を率いた八大妖帝のひとりヒト前に姿を現すことを好まず、基本的には屋敷へ引きこもっている……と思われているが、実情は違う屋敷に居ることにして町を散策し、勝手に茶を飲んだり、菓子を食っては立ち去っているだがこれは、國内の調査も同時に行っており、狡猾な性格をしていることが分かる彼にとって味方である裏の側の配下たちは家族だ家族は必ず守ると決めている幼かった頃の朱の盆を拾い上げ、育て、以降共に行動している
朱の盆 「テメェも朱色に染めてやろうか?」裏の頭である大妖帝ぬらりひょんの側近若頭であり右腕ぬらりひょんが姿をあまり見せないため、その代行として表に立つことが多い「ぬらりひょんの役に立ちたい」それ以上の目的などはなく、それ以外の目的は、朱の盆には必要無いだが、鉄鼠をめっためったにしてやりたい、と思っていることもある
煙羅煙羅 「ふふ、吸っちゃダメよ」裏の頭である大妖帝ぬらりひょんの部下ぬらりひょんの煙管から吐き出された、煙の中から生まれたという諜報員として活動をしている普段は新参者を調べていることが多い國の入り口によくいるのは、どんな妖怪が入りこんで来たかを調べるためだお酒や煙草が好きな彼女は、酒場などで酔っ払っているように見えながらも聞き耳を立てている
一本だたら 「いえーい☆アタシ今日めっちゃ盛れてね?」確かな腕前、ぬらりひょんや隠神刑部のお墨付き堺ノ國全域で鍛冶屋をしており、表とも裏とも繋がりのある珍しい妖怪細かいことは気にせず、「ヤバーい☆」と笑ってやり過ごしてしまう自分からいくときは大丈夫なのだが、相手からグイグイ来られると弱い自分からは気安くボディタッチをするだが相手から、自分が気付いていないときに肩とかを叩かれると、驚いて飛び上がる

鬼ノ國

【注意】ラグナドール 妖しき皇帝と終焉の夜叉姫の最強キャラクターのランキングはリリース後に更新する予定です。
順位 キャラクター 特徴
酒呑童子 「手加減はしねぇ、それが流儀よ!」鬼ノ國の妖主にして最強の存在血気盛んで知能の足りない鬼たちをまとめている「意見は自由に言え。だが決めるのは俺だ。俺の決定に文句があるなら、かかってこい。勝てばおめえが法(ルール)だ」が口癖挑まれたタイマンは必ず受け、軽くひねっているので「酒呑童子には敵わない」と鬼ノ國の誰もが認めているそれでも諦めずに挑んでくる奴のことを密かに認め、可愛がっている人間の女性と結ばれており、その女性との子が鬼童丸である千年前の戦いでは鬼の軍を率いている
鬼童丸 「鬼の血を引いて生まれた以上。自分の非力を嘆いちまう。ついつい、な」能力はあるが、自信を持てずにいる少年最強の存在である父、酒呑童子の実力に近づこうと昼夜問わず努力しているしかし結果は伴わず、ゆえに焦りを感じてもいる本来は父よりも聡明で、頭が良い鬼の血は薄いものの知識や工夫でどうにか戦っているが、「鬼らしくない」ので、周囲にはあまり理解されず、ついてくる者もいないそんな鬼童丸は、力がすべての鬼ノ國において、自分の居場所を作ることはできていない半妖であり、鬼基準で(単純な武力という意味で)弱い鬼童丸は、自身が元来持つ戦略性や柔軟性、成長度などを武器にしきれず、自分自身に「鬼として弱い」と思ってしまっている
茨木童子 「酒呑童子様に近づくものはあたしが許さない!」鬼の國のNo.2であり、酒呑童子の右腕昔々、茨木童子に勝てるものは一人もおらず、知らず知らずのうちに調子に乗っていたそんな時、自分よりも強い鬼がいるという噂を聞き、酒呑童子にタイマンを挑みにいき、あっさりとひねりつぶされるその時、酒呑童子の圧倒的な強さに絶望するよりも敬愛を覚える恋心というよりも、憧れに近い感情この方に挑むなんて恐れ多いあたしがやるべきことは、この方の傍で、この方を支えることなのだと見出す酒呑童子の役に立つため日々の研鑽を欠かさないもっと強くなり、もっと役に立てば、酒呑童子様もあたしのことを褒めてくれると、いつも思っている
鈴鹿御前 「鬼童丸、まだまだ強くなれるということです。我々も、貴方も」鬼にしては珍しく仕草や行動に気品がある泰然とした性格で、きちんとした常識を備えているそのせいで、突飛な行動をする茨木童子や面倒事を押し付けてくる酒呑童子にいつも振り回されている見た目通りに賢く、細かい計算などを得意とするその賢さから実質的な政務をほとんどひとりでこなしており、酒呑童子からの信頼も厚いこれで面倒見が良いので「姐さん」と慕ってくる鬼たちも多い強さこそが偉さとなる鬼ノ國において酒呑童子、茨木童子に次ぐ強さを持つ三番手でもある鬼としての膂力や耐久力にはあまり自信がなく戦い方は技巧派であまり鬼らしくはないだからこそ自分と似ている鬼童丸に共感し稽古をつけにいっている

地獄

【注意】ラグナドール 妖しき皇帝と終焉の夜叉姫の最強キャラクターのランキングはリリース後に更新する予定です。
順位 キャラクター 特徴
閻魔王 「我は閻魔。我が問いにはすべて正直に応えよ、良いな」亡者の行き先を判断する裁判官生前の行いを浄玻璃鏡に映し出し、判別を言い渡す裁判官という性質上、嘘をもっとも嫌う犯罪者に慈悲などなく徹底的に追い詰めるが、逆に正しきものには相応の態度で接する他者に対して優しい言葉などをかけることは少ないものの、部下たちのことをきちんと考え見守っているこれらが基本的な閻魔としての彼女素でのコミュニケーション能力はゼロに等しく、オフの時は基本無言必要な台詞でも単語を一言二言しか発しないたまにある休暇は一日中寝て過ごすため、引きこもり体質に早変わり仕事と食事以外に何かをする気力が湧いてこない
牛頭 「地獄の門を叩くのは、どこのどいつだ?」地獄の門番のひとりであり、暴れる亡者を取り押さえるのが彼の役目亡者がいない時は相棒の馬頭などと訓練したりするが最近は亡者の人数も増え、そんな余裕は少なくなってきている給与などに不満はなく、ときたま現れる現世の強い奴と戦えることが楽しい宵越しの金は持たない主義給料日後の休暇には、遊び歩いている彼の姿を見かけるが普段はあまりお金をもっていない
馬頭 「地獄の責め苦とは、こんな生易しいものではないぞ?」地獄の門番のひとりであり、暴れる亡者を取り押さえるのが彼の役目実力は地獄を管理する獄卒の中でも、上位に位置する武力要員……であるが、基本的ことはなんでも出来てしまうためによく助っ人要因として様々な部署にまわされている仕事の鬼といわれることもあり、休日返上でよく働く仕事中毒本人からしてみれば仕事そのものが天職に近く、特に疲れたりすることはないようだそのお陰で給与のほとんどは手つかずのままで資産総額はかなりの物その見た目も相まって、優良物件故に女性の人気は結構高いが、彼が見ている女性と言えばもっぱら閻魔王ただひとりである
火車 「前方よーし!今日も安全運転で、時にサボりながら、生きていきましょ~う♪」地獄で亡者が最初に出会う案内人であり、基本的にいつも忙しい忙しいあまり、寝ているときも仕事に終われる夢を見たりしているそれに加え、たまに閻魔王にお使いを頼まれるほどに重用されている基本的に仕事は真面目にこなすが常に楽したいと考える怠け者の一面もある仕事を効率的に楽にして自分の時間を楽しみたい現世の流行を追いたい新しい物はすぐに試したくなるのでお金も欲しい密かな欲望はたくさんあるけど大望はまったくといっていいほどに存在していないいわゆるその日暮らしを楽しんでいる猫である
白澤 「ボクは未知を愛してる、ただそれだけだよ」未知を心より愛する妖怪当時誰よりも多くの知識を集めたがゆえに知らない事が無くなってしまい、退屈を持て余すようになる怠惰な日々を過ごす白澤であったが、とある人間の起こした戦乱によってその認識を改める戦争を続ける事で人間は武器や戦術といった自らが知らない新しいものを次々と生み出す更に死を前にした人間達の行動は、同じ人間でも今までと全く違う人間の行動に見えて、白澤を興奮させたそんな経験を得た事から、白澤は戦争こそ至高の娯楽と考えるようになる以後白澤は何の変化の起きない平和を嫌うようになり、変化をもたらす戦乱を愛するようになる

天狗ノ國

【注意】ラグナドール 妖しき皇帝と終焉の夜叉姫の最強キャラクターのランキングはリリース後に更新する予定です。
順位 キャラクター 特徴
鞍馬天狗 「わたしはお父様のような妖主には、きっと、なれないのです…」蒼坊主や鴉天狗に支えられ、妖主として国を治めている現在までは妖主としてはそれなりに上手くやっているでも突発的な事件や想定外の出来事、逆境に弱く、パニックになってしまうことも控え目で弱気自分に自信がなく、申し訳なさそうに喋る話すのも苦手とても優しく健気な心を持っていて、誰かを傷付けるのは嫌みんなが幸せに暮らせる國にしたい彼女自身とても賢く、才もあるため上手く治められているのだが、自分では自信がない剣の才能にとても優れているが、そのせいで父親との真剣勝負で父を傷つけてしまった以降、鞍馬天狗は刀を封印している自然が好き、草花や木があると落ち着く
蒼坊主 「この力は誰かを傷つけるためではなく、守るための力だ」妖主である鞍馬天狗の護衛を務める寡黙であるが見た目のゴツさとは裏腹に、心優しいよく微笑む自分はあまり喋らないが、他人が喋っているのを聞くのは好き聞き上手なので、相談を受けることもある武器は一通り扱うことができ、格闘もこなすかなり強いのだが、守るためにしか力を行使しない自分にはなかったので、家族に対して憧れがある鞍馬天狗を娘のように思っている鞍馬天狗を守るためなら命さえ惜しくない
鴉天狗 「誰であろうと油断はせん」天狗の国を守る軍隊の司令官であり、前線で直接指揮を執る部隊長でもある烏天狗は強く、また賢いしかし傲慢にはならず、常に冷静丁寧に喋るが気が強い発言の所々にその気の強さが滲み出ることも敵対する者に対しての慈悲は持ち合わせていない特に、天狗ノ國を害する者は許さない天狗ノ國に住む者のことは、大切に想っている元々は、自分が妖主になり導くつもりだったのもある鞍馬天狗に対しては自信をつけて欲しいそして、その才能を活かして欲しいと思っているまだ幼いのに妖主に推され、可哀想に思うこともあるが、鴉天狗は妖主として認めているおり支えたいと思っている
白狼天狗 「この身を犠牲にしようとも、私が守る」天狗ノ國の部隊長白狼は自分の命を捨ててでも部下を守ろうとするだから部隊内では「俺たちも命を張って隊長を守ろう」という強い団結がある寂しがり屋で、ひとりにはなりたくない基本的には部下と一緒にいる部下達のことが大好きひとりになると急に不安になってしまうだから常に自分の周囲に誰かがいて欲しい幼い頃は注目して欲しいと思っていたが、今は周囲に人がいることが多いので、あまり強く思っていない時々、薬を売りに来る鎌鼬と話すのも彼女の楽しみのひとつ
木の葉天狗 「オレは、鞍馬様にふさわしい漢になる!」下っ端の天狗で雑用係だが、大きな夢を持っているどんな困難があってもめげずに、目標に向かって進んでいく雑用をこなしながら、空いた時間に剣術の稽古をしている鞍馬天狗に憧れている鞍馬天狗と話すキッカケをいつも探しているのだが鞍馬天狗が他人を寄せ付けないので、なかなか会話する機会がない蒼坊主の事を尊敬している強く、身体が大きく、鞍馬天狗の護衛官なので、木の葉天狗の理想の姿の為
鎌鼬 「はいはーい、ちゅうもーく!お薬持ってきたよー!」 旅の薬売り 今は天狗ノ國に滞在して薬売りをしている、出身は妖狐ノ國 薬が完売すると、 薬の素材を入手するために買い物をしたり 山に入ったりしている 稀に山賊に襲われるが、 両親に教わった戦闘術で撃退する 素材が集まったら薬の製作それからまた行商、という生活 基本的に、宿暮らしで、國から國を渡り歩いている 天狗ノ國で妖主である鞍馬天狗と仲良くなり しばらく滞在して欲しいとお願いされたから 天狗ノ國には割と長く滞在している 長く滞在したせいで、顔見知りも増えた この國を離れ辛くなったなぁと思っているが 「ま、いっかー! 人との繋がりは大事だもんね!」 と前向きに捉えている ヒマができると鞍馬天狗を訪ねて、 お茶したり、楽しい時間を過ごしている

大蛇ノ國

【注意】ラグナドール 妖しき皇帝と終焉の夜叉姫の最強キャラクターのランキングはリリース後に更新する予定です。
順位 キャラクター 特徴
遠呂智姫 「八岐大蛇が娘、遠呂智。我に忠誠を誓いなさい」大蛇ノ國で、偉大な父八岐大蛇の後を継いで、國を総べる妖主として君臨している最も優秀な自分こそが幻妖界を支配するべき、という建前で行動しているが、実際には父の統治時代より国を繁栄させる事で、さすが八岐大蛇の娘だと周囲に認められる事を目的としている物事を論理的に考え、個々の情よりも全体の利益を優先する統治者的思考の持ち主尊大かつ冷静で、敵には冷酷に振る舞う事で恐れられてもいるしかし部下の働きを正しく評価する事から、民の評判は悪くない遠呂智は自分の立場を幼いうちから理解していた為、弱みを見せない様に人に甘える事をせず、またそれ故に甘え方を知らない
雨女 「アタシが強くなるのは全部遠呂智ちゃんのためだから」遠呂智姫、直属の個人的な部下で腹心そのイタズラ好きな性格のせいで、他の者の下に付けても御する事が出来ないからと、遠呂智の縁者が、遠呂智の部下になるように仕向けただが実際には、遠呂智姫の力が暴走した際に即座に駆けつける事が出来る立ち位置にしたいという思いから周囲からは、優秀だが厄介な人物、と認識されている遠呂智ちゃんが幸せに暮らせる國を作りたいあとは楽しくイタズラして暮らせればそれで良いと思っている遠呂智姫に対しては、友達、というよりは推しに近い感情を抱いているちなみに、手にした傘は唐傘という妖怪で、雨女一族に代々使える執事役
清姫 「私が美しく完璧である事に変わりありませんわ」大蛇の國のNo.2の地位を与えられており國に攻めてくる敵と戦う迎撃戦力として活躍している自信満々で、有能な自分が大好きという自分大好きっ子自分は優秀で素晴らしい貴族なので愛想を安売りしない様にしているが、自分を褒め称える者が好きなので大変チョロい遠呂智からは結構無茶振りをされて怒る事が多いのだが、内心では自分が有能だからこれだけの無茶を頼まれるとも思っている。褒めるとホイホイ手伝ってくれるので、同僚部下問わず頼れる便利屋扱いされる事も自覚はないが頼りないダメ男が好み。特に自分無しでは生きていけないような男だとなお良い同様に、禰々子河童の優れた力を持っているのに自分に自信が無さすぎるダメな部分がお気に入り
禰々子河童 「禰々子参上!であります!」河童一族の次期頭領兼、大蛇ノ國の偵察部隊の隊長河童一族の次期頭領だが、完璧超人の母の影響で少々自信に欠ける性格に育った接近戦は怖いのでもっぱら後方支援を好む現在は、頻繁に引っ越しを繰り返して、各地の情報収集を行っている場合によっては他国に隠れ家を作ってそこを拠点に偵察も行う。また偵察任務では戦いだけでなく自然災害の情報も集まってくる為、河童の怪力と得意の薬作りを活かして救助活動を行う事も少なくない寧ろ本人的には戦いよりもこうした活動の方が好ましく思っている母から忍びとして忠義を尽くすにふさわしい運命の殿と出会ったら、その人物を生涯の主としてお仕えせよと教わっており、自分も母のように運命の殿に出会う事を夢見ている

妖狐ノ國

【注意】ラグナドール 妖しき皇帝と終焉の夜叉姫の最強キャラクターのランキングはリリース後に更新する予定です。
順位 キャラクター 特徴
天狐 「九尾、どうする? わたくしは何をすればいい?」 妖主代理として妖狐の上に立つ 部下たちに慕われているが、 自分が関わってしまうと「間違ってしまう」 と考えてしまうので個人的な関わりは一切ない 私生活に関しても、隔離された場所を持ち、 部下の立ち入りを完全に禁止している 従者のような世話係りすら存在しない そのため、部下および国民からは謎多き御仁として、 神秘的な指導者だと思われている 常に静かに微笑んでいるおり、顔に本音を覗かせない 秘密主義であり個人主義者であり、 決して他者に心を開かない 九尾が安心して國を任せているほどの求心力を持つ、 天性の指導者
金狐 「オレらマブダチっしょ!」妖狐ノ國の幹部であり、主に戦闘専門の隊長格単純な戦闘能力でいえば妖主たちにも匹敵すると言われているただ少し頭が悪いため、搦め手に弱い。色香にも弱いイヅナに戦闘のいろはを教えたのも彼なため、イヅナ自身も同じように搦め手に弱い基本は楽しければ何でもいいと思っていて、騒ぐのが好き。ただし、根は真面目モテる男になるために、チャラいのがモテると勘違いして、全力でチャラチャラしてるヒト付き合いが若干強引だが、優しい心を持っているので基本的には誰とでも仲良くなれる明るい性格天狐に憧れている彼と同じく天狐を慕っており、何かにつけて金狐の真逆を行く銀狐は不倶戴天の敵
銀狐 「やれやれですね。レディの扱い方、私がお教えしましょうか?」妖狐ノ國の幹部であり、参謀の立場頭の良さで金狐と対等な戦力を持つイヅナに憑いているクダには、戦術や敵の罠についての知識を教えたこともあるいつ何時も冷静な態度丁寧で理知的な雰囲気を纏っている二面性があり、超絶有能な面と、ドMな面(天狐に対してのみ)があるドMな一面があることに自分自身でショックを受けており、葛藤している普段はキザであるものの紳士的な態度を崩さず、かつその才から異性同性問わずに人気がある天狐に憧れていて、辛辣なご褒美をもらいたいと思っている同じく天狐を慕っており、自由奔放すぎる金狐は不倶戴天の敵
「イヅナちゃん、見てて。わたし、前よりずっと強くなったんだよ!」妖狐ノ國の戦闘要員まだまだ新兵だが、幹部からは将来を期待されている金狐や銀狐は彼女のことを、いつか、この妖狐ノ国でも指折りの頭角を表すほどの才能があると考えている精神的には未熟で、生意気な性格をしているイヅナ以上に真面目なため、融通が利かない部分があるイヅナを思い、彼女の後に続こうと自分に鞭打って努力を重ねている金狐と銀狐の両方からの指導を仰いでいるため、実力をぐんぐん上げていっているでも、私生活で金狐と銀狐と付き合うのはためらいがあり、距離を置いている

遊郭

【注意】ラグナドール 妖しき皇帝と終焉の夜叉姫の最強キャラクターのランキングはリリース後に更新する予定です。
順位 キャラクター 特徴
玉兎 「ぴょぴょぴょ~ん♪アタシと遊んでいかなーい?」
ろくろ首 「では、ようござんすね?」
針女 「楽しい時間にしましょうね」
以津真天 「手加減は無用ですので!」
赤狐 あの、私と遊んで下さいませんかぁ?」
スダマ 「緊張してるのぉ?可愛い~♡」
濡女 「そ、そんなに見つめられると照れますわ……」

晴明勢

【注意】ラグナドール 妖しき皇帝と終焉の夜叉姫の最強キャラクターのランキングはリリース後に更新する予定です。
順位 キャラクター 特徴
安倍晴明 「全てを無に還そう…」千年前、妖怪の黄昏ラグナドール彼は多くの敵を屠ったその大戦では、多くの人が、多くの妖怪が傷つき倒れていった彼は今、配下の四聖獣を率いて幻妖界を戦火に包もうとしている
朱雀 「破壊。蹂躙。焼却。滅亡。ああ!なんて甘美な喜び!」己の強さに絶対的な自信があり、それをもって他者を弄るのが何より楽しいそのため争いの火種を感じては我先にと向かっていく好戦的でいつも強気、炎の術を使った大規模な破壊をとても好む燃え、崩れ落ちる建物を見ているのがたまらないと考えている自分で引き起こした破壊に酔いしれるのは常である晴明の命とは関係なく、朱雀自身がただ楽しいというだけで、他者を脅迫し、尊厳を踏みにじり、屠る破壊したい。焼き払いたい。虐めたい朱雀にとってはそれが全てである
白虎 「弱いなぁ、つまらん。酒の肴にもならねぇ。もっと強い奴はいねえのか?」戦闘狂とにかく強そうな奴を見つけると戦う術を使って戦うよりも肉弾戦で戦う事を好む戦えればなんでも良い善や悪、理由の有無、それらは白虎にとって気に掛けることではない
玄武 「もー、ほっといてよー」とにかく面倒なことが大嫌い動きたくもないし喋りたくもない玄武には罪悪感が存在せず、殺すという行為に対して何の感情も抱かないめんどうごとを持ってくるやつは、死んでしまえば良い殺す労力と話し合う労力を天秤にかけて、殺す方が楽だし早い、だから彼女は話すことを選ばない
青龍 「常に秩序を求める。それがあるべき姿だ」真面目で几帳面で潔癖で極端大きな体を活かした力推しをするかに見えて技巧派隙のない戦い方をする戦闘そのものはあまり好きではないが秩序を乱す者には積極的に攻撃しようとする規則を破るものに厳しく、時には暴力まで振るう青龍の配下は信賞必罰を徹底されているおかげで四聖獣の中でも練度が高く、上下関係に厳しい苛烈な一面も併せ持ち、目的のためには手段を選ばない、弱者でも怪我人でも使えるのなら前線に投入するし、必要があれば村や町を焼き払う逆に戦力が減るのを避けるために味方を自身の体を張って、庇うこともする
耳なし芳一 「──これは此の世のことならず 夜叉ノ國の片隅の 聞くも憐れな物語」 芳一は、晴明に付き従う道具 自らの意志を示すことはない 晴明にとって、 耳なし芳一は「呪」を増幅する”管”のような存在 得難い道具である なぜなら、晴明が使用する「言霊の術」を、 琵琶と歌声で広範囲に拡大することができるためだ

八大妖帝

【注意】ラグナドール 妖しき皇帝と終焉の夜叉姫の最強キャラクターのランキングはリリース後に更新する予定です。
順位 キャラクター 特徴
八岐大蛇 「我が覇道は何者にも止められはせん!」言葉の少ない、謹厳なる支配者その統治体制は、厳しいが血と心の通ったものであり、民の訴えには真摯に耳を傾ける外敵に対しては果断な将荒れ狂う水の力を宿す伝説の大妖怪その本質は、浸食し打ち砕く「制御不能の貪欲」その力の雄大さ、そして存在の古さから、ダイダラボッチ、太郎坊天狗と並び、「妖帝」の名を最初に冠した妖怪である自然の猛威が妖怪として形を結んだ存在であり、起源は遙か神代にまで遡る千年前の戦いで没したと伝えられている
太郎坊天狗 「力持つ者よ、己の力を畏れるべし。高きにある者よ、己の心を省みるべし」人では及びもつかない昔、後に「愛宕(あたご)山」と呼ばれることになる山が生まれた頃その山の頂に、ある夜、大火球(人の書に「天つ狗」と記される現象)が降り注いだそれはまさしく火の神の化身にして、荒ぶる力を制御する叡智持つ存在であった。その存在は「太郎坊天狗」と名乗り、山の主として君臨した平穏と秩序を好む権威主義的というわけではなく、叡智と感情に基づいた、穏健な保守である伝統を尊ぶが、それに固執しては流れが淀み腐ることを理解しており、革新的なものが生まれたなら、それを守り育んでいきたいとも考えている千年前の戦いで没したと伝えられている
ダイダラボッチ 「オオォォォーーーーン…………」ダイダラボッチは、遥か過去、天と地の境目が定かならぬ頃に生まれた妖怪である最初は漂う雲のようであったが、人々が流れる雲の形に人の姿を見たり、霧に移る影に巨人を見たりするうちに、人を真似た姿をとれるようになった普段は形を持たず、なんらかの条件が整うと巨人の姿を得て、山や大地に大きな影響を及ぼしては消えるそんな自然現象のような存在だった「途方もなく大きな、人型の妖怪」という概念が人々の間に生まれることで、ダイダラボッチの存在は確固たるものになっていき、妖怪としての存在を確立した性格は茫洋としており、物静か穏やかな時の流れの中に、ただ在ることを好む千年前の戦いで没したと伝えられている
九尾 「わらわは、そなたの絶望を愉しみたいのだ」遙か古代より生きる妖怪現在の九尾は殺生石に閉じ込められたままだただ、狐の眷属に意志を伝えることはできるため、天狐を通じて間接的に妖狐ノ國を統括している
大嶽丸 「腕一本。それで相手をしてやろう。死力を尽くして愉しませろよ?」大嶽丸は、最も若い妖帝である彼は武官の子として生まれたつまり、人間なのだ幼い頃より、自分の個人的戦闘力を磨くことにしか興味がなく、勉学も出仕もせず、ただひたすらにその技量を磨き続けた人間との戦いがつまらなく感じるほど強くなってしまったころ、強い鬼や妖怪を倒して食らう狩人となったそしていつしか、彼自身の肉体もまた、妖怪へと変じていったそして、妖帝と呼ばれるようになった戦いと蹂躙が好き弱い奴には興味がない挑んできた者は殺すが、愉しませたならば気まぐれで許すこともある傲岸不遜であり、自分だけがこの世の至上と考えているそのため、娑婆の身分の上下には関心がない王であろうと弱ければ小虫、何も持たざるものだろうと強さと面白さを持っていれば興味の対象となる千年前の戦いで没したと伝えられている
蜘蛛 「私は私の生き方を貫くだけ。さぁて、好き勝手暴れさせてもらうわ!」「人間ではなく妖怪がこの世を支配する」という信念の持ち主妖怪を守るより人間を殺す方を優先するその信念故か、太郎坊天狗とは相反しあっており、ついには戦うことにその際に封印され、そこから長く眠っていたがいつしか復活を果たした千年前の戦いにおいては、ある事件を切っ掛けに人間側についた千年前の戦いで没したと伝えられている

その他

【注意】ラグナドール 妖しき皇帝と終焉の夜叉姫の最強キャラクターのランキングはリリース後に更新する予定です。
順位 キャラクター 特徴
真紀奈 「ぬりかべちゃんは、ぬりりん!それから、のっぺとおじじ!」突如光とともに現れた少女学校の制服を着ていることから現代の人間だと思われるが、記憶を無くしている模様感情の盛り上がりが早いため、思いついたら即行動行動力はあるが、後のことを考えないため、時間が経ってから不安や恐怖が襲ってくるタイプ正義感や善性は強い方相手の事情に共感して泣くこともしばしば変なあだ名つけがち
けうけげん 「我こそは!全知全毛の神ですぞぉ~!」毛倡妓を始めとする花魁たちの髪結師この世の髪を知り尽くし、全知全毛(ぜんちぜんもう)の美容師になるのが夢口下手だけど、好きな髪の毛の話題になると途端に饒舌になる争いごとは好まないが、必要とあれば立ち向かっていく気概があるキレイな櫛や簪の収集家でもあり、これらを贈るととても喜ぶけうけげん、毛髪妖怪一族の名門に属しているサラサラ家、モコモコ家、フワフワ家、モリモリ家等、毛統(けっとう)により分けられた無数の家系は、衝突と婚姻を繰り返しながら、毛髪妖怪界隈に君臨し続けてきたのだだが、けうけげんは単にその親戚一家の召使同然の扱いだったそんな中お店にやってきた毛倡妓に腕を披露する機会があり、あっという間に気に入られ、あれよあれよという間に花魁の國で現在の役割どころへ性格は、口は上手い方ではないのだけれど、物怖じしない性格であるなるべく多くの人の髪の毛に触りたいということから、気になる髪質の人を見ると通りすがりでも「その髪、見せてくれー」とすがりつく
牛鬼 「近づくなよ、この『牛鬼』に食われたくなけりゃなぁ!!」放浪する妖怪詳細不明の恐ろしい妖怪『牛鬼』に取り憑かれている、彼自身は名もなき妖怪自ら望んで『牛鬼』にとり憑かせ、通常であればすでに自我を奪われていてもおかしくないところを、ギリギリの一線で保ち続けている粗暴・乱暴・凶暴常に何かに対して、恨みや憎悪を募らせており、気に入らないものを打ち倒すために、より強くなることを望んでいるその過程で、無秩序に暴れまわっている彼の憎悪の対象は、平和の裏で弱者を虐げてきた世間そのものであるため、暴力によってそれが解決されることはないしかし、当然、欺瞞を口にする者を腕力で黙らせることにも躊躇しない彼は最終的に『自分が一番強くなる』ことを目的にしている
「鵺の鳴く夜は恐ろしい。キミたちの望むままに、ボクはこの夜を恐ろしく彩ろう」鵺は、作られた妖怪である哲学的で深く思考するタイプだが、柔軟性に欠ける自分の嗜好ひとつとっても、『妖怪「鵺」とはどうあるべきか?』という考え方をしてしまい、彼自身の自我に基づく好悪の判断が薄いしかし、「鵺」という妖怪自体が正体不明のものであるため、「鵺らしい鵺」という目標自体が結論のないものとなり彼を余計に混乱させている
雪女 「素敵な感覚、もっともっと凍えさせてみせるわ!」はぐれの妖怪で、所在不明はるか北国の大地にて生まれた雪の妖怪である彼女が『おじい様』と呼ぶ妖怪は、毎年師走の暮に空を飛ぶソリに乗って世界中を飛び回り、人々にプレゼントを配って回っていた彼女もそんな祖父の姿に憧れ、いつしか自分も祖父のように誰かを喜ばせられるような素敵な存在になりたい、と思っている他人のために何かをしてあげたいと常に思っているが、少しばかりおおらかで大雑把にすぎるところがある特に、初めて雪を降らせたときに他の妖怪たちに喜ばれたことから気をよくし、猛吹雪を呼び込んでしまったりする天真爛漫な笑顔で『嬉しいでしょ?』といわれるので、周りは『困る』とはなかなか言いづらい
アマエビ 「ぷぷぅッと、パァン!どんな疫病もパチンと解決!」その姿を描き写すことで疫病の流行を防ぐご利益があると伝えられている妖怪夜叉ノ國を本拠地としてあちこちへ行商に出ている華やかなシャボン玉の芸を披露しながら、石鹸を売ったり、手洗い手もみ接客を行う晴明の勢力によって各地が荒廃し、石鹸の原材料が不足しており困っている
「その夢、美味しく頂いてみせる~」堺ノ國、夢料理「獏屋」の店主兼料理長ただし、金勘定は興味がないのでどんぶり勘定が過ぎ、見かねた隠神刑部によって猫又がお目付け役としてつけられたまず第一に美食家であり、料理人としての自分にはあまり興味がない美味しい夢さえあれば、それで満足基本的にふわふわとした人格で、強い感情を見せることはあまりないただ、最後に味わった夢に影響を受けることがあり、勇ましい夢なら勇ましく、恋の夢なら艶やかな振る舞いが増える映画を見た直後に、立ち居振る舞いがその映画っぽくなる系
スポンサーリンク

ラグナドの基本情報

タイトル ラグナドール 妖しき皇帝と終焉の夜叉姫
ジャンル 魑魅魍魎が跋扈(ばっこ)するRPG
価格 基本プレイ無料
配信日 2021年10月21日
対応OS iOS/Android
会社 グラムス
公式サイト 『ラグナド』公式サイト
公式Twitter 『ラグナド』公式アカウント
ゲームサーチ公式ツイッターにてラグナドール 妖しき皇帝と終焉の夜叉姫の攻略情報を投稿しています。ラグナドール 妖しき皇帝と終焉の夜叉姫をプレイされている方はぜひフォローしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました