CoDモバイル攻略:敵を倒す方法(エイムのこつ)

CODモバイル攻略

CoDモバイル(コールオブデューティモバイル)の敵を倒すエイムのコツや、上達方法を紹介しています。初心者の方にも分かりやすく基礎から解説しているので、CoDモバイルが上手くなりたい方は参考にしてください。

CoDモバイル攻略のメニューに戻る

 

スポンサーリンク
【2020 最新版】スマホ散熱器

そもそも「エイム」ってなに?

エイム(aim) とは、英語で「狙う」という意味の言葉です。「エイムを合わせる」「エイムがブレた」のように使われます。CoDモバイルのようなFPS・TPSゲームでは「照準を合わせる」という意味でも使われています。

CoDモバイルでエイムを合わせるためには、スコープを覗いていない状態では画面中央にある印に敵が来るように操作します。スコープを覗いている時は、スコープの中心にある印に合わせます。

CoDモバイルでは腰撃ちとADS(覗いた状態)での銃撃精度に差があり、特に中距離以上では腰撃ちだとかなりばらつきが出てしまいます。

ショットガン(SG)やナイフ等の近距離に特化した武器を除き、基本的にはADSで射撃するように心がけましょう。

 

スポンサーリンク

エイムを合わせるコツ

エイムを合わせるときのコツやポイントを5つご紹介します。少し意識するだけで敵に弾が当たりやすくなるため、撃ち勝てずに悩んでいるという方は参考にしてみてください。

1.エイムアシストを有効化する

「エイムアシスト」とは、自動で敵に照準を寄せてくれる機能のことです。エイムアシストを有効にすることで、敵にエイムを合わせやすくなります。

多くのスマホFPSゲームの中でも、CoDモバイルのエイムアシストは性能が良いため、基本的にはONにしたままがおすすめです。設定の「ベーシック」タブから切り替えることができます。

2.武器の反動(リコイル)を理解する

CoDモバイルには、25種類以上の武器がありますが、連射が可能な武器には必ず反動(リコイル)が存在します。反動の大きさは武器によって様々で、反動の方向も武器によって異なります。

リコイルが大きい武器ほど扱いにくく、リコイルコントロール(リココン)が難しくなっています。はじめは、リコイルが小さく扱いやすい武器を使うのがおすすめです。

序盤から使用できる武器の中でも特に扱いやすいのが「M4」となっています。命中率が高く設定されており、敵に当て易い武器です。

3.自分が使い易いボタン配置にする

CoDモバイルでは、操作ボタンの位置を画面内で自由に動かすことができます。使っている端末の画面の大きさとも相談しつつ、自分が使い易い配置を見つけましょう。

4.操作感度を調整し合わせる

「感度」とは、画面上でどれくらい指をスライドさせたら、どれくらいキャラクターの視線が動くんのかを調整するものです。

CoDモバイルでは、通常のカメラの感度と射撃時の感度を細かく設定することが可能です。感度が高い方が、相手よりも早くエイムを合わせることが可能ですが、高くしすぎるとエイムがぶれてしまう原因になります。

エイムがぶれてしまうと悩んでいる人に多いのが「設定-感度-MPモード」の一番上にある「回転モード」の設定を「加速距離」もしくは「速度加速」にしてしまっている場合です。

画面上で早く指を動かしたり、長い距離のスライドをしたときに、大きい分だけ多く視点が移動する設定です。

敵と銃撃をしたり、思わぬ場所から撃たれたりすると、急激な操作をしてしまいがちです。上記の設定にしていると予想以上に視点が動いてしまい、エイムがブレる原因になります。

「固定スピード」に設定しておくことで、常に同じスピードで視点が動くため調整がしやすくなります。

5.練習あるのみ

1~4までの設定を見直したら、あとは練習あるのみです。練習をしながら自分に合った武器や設定を見つけていきましょう

時間あたりのダメージ量(DPS)が高い武器ほど、リココンが難しいものが多いですが、練習しエイムを合わせられるようになれば、厳しい状況でも撃ち勝つことが可能です。

また、練習を重ねてマップを覚えることで、どこから敵が出てくるのか、どの位置で撃ち合うと有利なのか理解することができます。

人気ゲーム機の予約情報
【2020 最新版】スマホ散熱器
CODモバイル攻略
スポンサーリンク
wpmasterをフォローする
ゲームサーチ

コメント

タイトルとURLをコピーしました