【戦国恋姫攻略】最強キャラクターランキング|武将

こちらの記事がグーグル広告とアフィリエイト広告が掲載されています。商品を購入する際は価格と商品内容を確認後に手続きを行ってください。
スポンサーリンク
戦国†恋姫オンライン〜奥宴新史〜
スポンサーリンク

【戦国恋姫オンライン 奥宴新史 攻略/戦国恋姫オンライン 奥宴新史 武将】戦国恋姫の最強キャラクターランキングをご紹介しています。戦国恋姫のストーリー進行やキャラクターの役割を掲載しています。戦国恋姫の武将選択で迷った際に参考にしてください。

ゲームサーチ公式ツイッターにて戦国恋姫オンライン 奥宴新史の攻略情報を投稿しています。戦国恋姫オンライン 奥宴新史をプレイされている方はぜひフォローしてください。
スポンサーリンク

攻撃タイプ

戦国恋姫オンライン 奥宴新史の攻撃タイプのキャラクターランキングを掲載しています。

【注意】戦国恋姫オンライン 奥宴新史の最強キャラクターのランキングはリリース後に更新する予定です。
順位 キャラクター(武将) 特徴
[乱世の風雲姫]久遠 本作のメインヒロイン。織田家の棟梁。大勢力に囲まれていた弱小・織田家を背負い、戦乱の荒波を生き抜いていた。大変仲間思いでありながら、リアリストな一面も。君主ということもあり、孤独を感じていたが、身分の差などを気にしない剣丞に惹かれていく。辛さ・苦しさを真っ正面から受け止め、傷つきながらもまっすぐに歩いて行くタイプ。だが剣丞の前では一人の女の子となり、弱いところを垣間見せる。「私の夫となれ。そして共に天下への道を歩もうぞ!」
[天真爛漫]鞠 一人でふらふらと行動することが多い、好奇心旺盛な剣豪。 良家の子女のため、礼儀作法に通じているが、少女らしい天真爛漫さの方が前に出ている。 戦いでは複数の鬼と対峙しても、全然平気。 力よりも技で、素早い動きで翻弄しながら、蝶のように舞い、蜂のように刺す。 趣味がお昼寝。ひなたぼっこしながら寝ていることが多い。 ~なの! が口癖。
[古今独歩]綾那 ご存知、松平元康の驍将。相棒である榊原康政と共にいることが多い。田楽狭間に落ちてきた剣丞のことを、阿弥陀如来の化身と思い定め、尊敬と好意を寄せる。表情豊かで感情豊かな年相応に無邪気なところが可愛らしい女の子。戦うこと、運動することが大好きで、本作で個人的武勇ならば一番強い。
[猪突酔進]柘榴 長尾家の特攻隊長。「~っす!」が口癖。越後の先鋒を勤める、先手組隊長。直江・甘粕と共に行動することが多い。暴走する主・景虎に対して、飄々とした口調で呆れたりしつつ、自分も暴走が大好き!結局、景虎と二人で暴走して、キャッキャッと楽しむ、酔狂人。笑顔で槍を振り回し、鬼たちを退治している。
[甲斐の虎]光璃 甲斐の虎というあだ名を持つ戦略の転載で、甲斐・信濃を収める大勢力の主。長尾景虎とは喧嘩友達のような関係。口数が少なく、表情に乏しいながら、喜怒哀楽はしっかりと判別が可能。白兵戦など、自ら武器を持って戦うことはあまり特異ではないが、剣丞に惚れてからは、いつの間にかススっと傍の好位置をゲットして、剣丞に甘えたそうにする。
[華の応援団]粉雪 「~だぜ!」が語尾につくしゃべり方をする。武田名物・赤備えを率いて、常に武田家の先鋒として激しく戦う。強い敵と戦うことが大好きで、個人的武勇を振るうのも好き。戦として兵を率いて戦うのも好き。個人的武勇としては、武田家では一番強い。私生活では内藤昌秀と仲が良く、昌秀の作ったお菓子などを食べながらダベッている。
[華の応援団]心 天下の副将と言われる女の子。武田家の台所を全て預かる。武田家の財政・食料を一手に引き受ける内政のプロで、いつも穏やかで人当たりが良い。料理・お菓子作りが大好きで、その腕前はプロ級である。色んなお菓子を作ってはみんなに振る舞っているなど、みんなの胃袋をしっかり抑えているお母さん的存在である。特に仲が良いのは山形昌景。口調、振る舞い共に隙がないのが特徴。
[鮮麗招宴]美空 越後の龍というあだ名のある、戦の天才。越後・長尾家の当主にして、関東菅領として弱者たちを保護する。責任感が強すぎることから、素直になれず、当主としての役割に全力を注いでいる。だが剣丞と出会ってからは、少女らしい面を見せるようになった。戦いは大好きだが、白兵戦は好きではない。戦う場合は、お家流を使い、盟約を結んでいる仏法四天王を使役して戦う。一見すると豪快そのものだが、家・仲間を守るというプレッシャーに押しつぶされるのを、必死に耐えている、そんな弱さもある。
[天の川]犬子 織田家の若手で、槍の名手。赤母衣衆筆頭。親友である、佐々成政・滝川一益と共に、三若と呼称されている。名の通り、犬のような女の子。剣丞が大好きで、尻尾(のようなもの)をふりふり、剣丞に甘えることが多い。戦うことは勇敢で、案外強く、怪力で敵をぶっ飛ばす。
[天の川]雛 織田家の若手で、甲賀出身の武将。滝川衆を率いる。小太刀二刀流の使い手。親友である、佐々成正・前田利家と共に、三若と呼称されている。超マイペースな女の子。三若の中では一番現実的に物事を判断するも、状況を見てまずくならなさそうならば言わなかったりする、飄々として捉え所のない性格。三若の中では、ボソボソツッコミ担当。戦闘では素早い動きで敵を翻弄する。
[偶像慕歌]葵 三河・岡崎を本拠地とする松平家当主。織田信長の同盟者。松平家が日の本を守り、導かねばならない、という思いに凝り固まっている。織田家・浅井家・足利家の連合に加わっているが、内心ではさっさと鬼を退治したいと心内では常々考えている。優しく、礼儀正しい少女だが、時折、何か思い詰めた表情を浮かべているなど、ミステリアスな一面もある。率いている三河武士だちは、葵に絶対の忠誠を誓っているが、少々面倒臭いのが玉に瑕。
[夢現眠姫]和泉 朝倉家の一門衆筆頭。当主、朝倉義景のもと越前の鬼を従える、実働部隊の大将。人であったころには浅井長政とも面識があったらしい。理性を失った姿で、剣丞達の前に立ちはだかるが……。
[競闘遊戯]烏 紀伊国雑賀庄出身の、いわゆる雑賀衆の棟梁。鉄砲を使った傭兵稼業を生業としている。鈴木重朝の姉で、すごく無口。雑賀衆の棟梁として、鉄砲の腕、物事の判断も優秀。ではあるのだが、一切口を開かず、表情と動作で答える、変な女の子。冷静(というかボーッとしているというか)、無表情無感情ではあるが、仕事はきっちりこなすタイプ。鉄砲、狙撃が大好き。
[競闘遊戯]小夜叉 森桐琴可成の娘。触る者、皆、即惨殺、ぐらいにすぐに頭に血が上り、暴れまわる少女。「ヒャッハー!」と鬼たちを嬉々としてぶっ殺すかなりの戦闘民族。ただし、信長と剣丞、母・可成だけには頭が上がらない。同僚たちからは「何をしでかすかわからない子」として腫れ物でも触るような扱いを受けている。だけど本人は特に気にしていない。
スポンサーリンク

防御タイプ

戦国恋姫オンライン 奥宴新史の防御タイプのキャラクターランキングを掲載しています。

【注意】戦国恋姫オンライン 奥宴新史の最強キャラクターのランキングはリリース後に更新する予定です。
順位 キャラクター(武将) 特徴
[甲賀二十一家]雛 織田家の若手で、甲賀出身の武将。滝川衆を率いる。小太刀二刀流の使い手。親友である、佐々成正・前田利家と共に、三若と呼称されている。超マイペースな女の子。三若の中では一番現実的に物事を判断するも、状況を見てまずくならなさそうならば言わなかったりする、飄々として捉え所のない性格。三若の中では、ボソボソツッコミ担当。戦闘では素早い動きで敵を翻弄する。
[幽玄の隠歌]幽 足利姉妹のお守り役。幕府の重鎮でもある。暴走将軍・義輝と、世間知らずのお嬢様・義秋の手綱を握る苦労人。……なのだが、本人は二人のことが大好きなので、口では色々と愚痴りながらも、嬉々として姉妹二人に尽くしている。基本的に、似ても焼いても食えない性格。皮肉たっぷりな真意を、オブラートに包んだ、テンプレ的京女の腹黒さを感じさせる物言いがクセとなっている食わせ者。義輝と同じく藤孝も剣豪で、義輝の背を守るように戦う。
[相模の獅子]朔夜 関東一円に巨大勢力を築く”北条家”の現当主。知略とカリスマ性により、圧倒的な兵力を持って関東を威圧している”相模の獅子”。常に笑顔を絶やさない穏やかな姿とは裏腹に、権謀術数を得意とし、日の本中心を抑えた織田・武田・長尾の連合軍を冷ややかな目で観察しながら、対抗するための手を打とうとしていた。越後の乱に乗じて長尾家に介入するなど、戦国乱世の大名として活躍していたのだが、とある事件の後、行方不明となる。
[禍寄せ]ちい子 「だからお願いお姉ちゃん! 私も、お姉ちゃんのところで働かせて!」 木下秀吉の妹。姉妹の仲は大変良く、姉同様に峰須賀正勝と幼なじみ。 これまでは姉たちの活躍を地元尾張で見聞きしていたが、姉がおお仕事に四苦八苦していると聞き、 居ても立ってもいられず剣丞隊に加わる。 温厚でポジティブなタイプ。物腰の柔らかさを生かした調整役がうまく、隊の揉め事をお冷めたり、 大人びた一面もあり、剣丞達をからかうことも。
[小田原学園]十六夜 氏康の二女であり、北条家次期当主と目される少女。気が弱く、ほんわかとした性格。文武においても凡庸なため、家中での人気はあまり高くない。そんな家中の評判は本人の耳にも届いており、皆を納得させるために日々努力をしているのだが……いまいち、身についていないらしい。しかし、とある事件が発生したことにより、剣丞たちと事件解決に向けて邁進する。そんな困難な状況のなか、やがて自覚と能力を開花させていく。
[小田原学園]朧 北条氏康の義妹にして、北条家中随一の闘将。”北条五色備え”では黄備えを担当し、周辺諸国からは”地黄八幡・北条綱成”として恐れられている英雄。氏康の名代として各方面で活躍するも、本人は常に氏康の一歩後ろに控えている慎み深い少女である。厳格な性格と喋り口調に隠されているが、極度の恥ずかしがり屋でウブ。とある事情により主人公・新田剣丞と男女の仲になったあとは、周囲もドンビキするほどに尽くして尽くして尽くしまくる。氏康同様、とある事件の後、行方不明になっている。
[染み渡る純真]鞠 一人でふらふらと行動することが多い、好奇心旺盛な剣豪。 良家の子女のため、礼儀作法に通じているが、少女らしい天真爛漫さの方が前に出ている。 戦いでは複数の鬼と対峙しても、全然平気。 力よりも技で、素早い動きで翻弄しながら、蝶のように舞い、蜂のように刺す。 趣味がお昼寝。ひなたぼっこしながら寝ていることが多い。 ~なの! が口癖。
[海の恋人]美空 越後の龍というあだ名のある、戦の天才。越後・長尾家の当主にして、関東菅領として弱者たちを保護する。責任感が強すぎることから、素直になれず、当主としての役割に全力を注いでいる。だが剣丞と出会ってからは、少女らしい面を見せるようになった。戦いは大好きだが、白兵戦は好きではない。戦う場合は、お家流を使い、盟約を結んでいる仏法四天王を使役して戦う。一見すると豪快そのものだが、家・仲間を守るというプレッシャーに押しつぶされるのを、必死に耐えている、そんな弱さもある。
[海の恋人]柘榴 長尾家の特攻隊長。「~っす!」が口癖。越後の先鋒を勤める、先手組隊長。直江・甘粕と共に行動することが多い。暴走する主・景虎に対して、飄々とした口調で呆れたりしつつ、自分も暴走が大好き!結局、景虎と二人で暴走して、キャッキャッと楽しむ、酔狂人。笑顔で槍を振り回し、鬼たちを退治している。
[忍忍修練]名月 氏康の七女。政治的な理由から幼いころに長尾”美空”景虎の養女となり、越後で生活している少女。長尾家の次期当主候補として、長尾”空”景勝と同様、教育を施されている。関東の雄・北条家出身であり、且つ、越後の英雄・長尾”美空”景虎の養子として、常に誇り高く、完璧たらんとしている。長尾”空”景勝とは、同じ後継者候補として、何かにつけて争うことが多いが、憎んでいるわけではない。北条本家の陰謀に巻き込まれ、美空の後継者を決める戦に参加することになってしまう。
[忍忍修練]空 美空の養子。人見知りであまり喋らないが、芯には強い意志を秘める越後の後継者候補の一人。北条家の陰謀によって御館の乱が発生し、同じく後継者候補の一人・北条三郎景虎と争うことになってしまう。親友は愛菜。二人一組で美空の寵愛を受けている。臆病で、ちょっとしたことでもすぐ泣いてしまう、か弱い女の子。
[初代奥宴女王]久遠 本作のメインヒロイン。織田家の棟梁。大勢力に囲まれていた弱小・織田家を背負い、戦乱の荒波を生き抜いていた。大変仲間思いでありながら、リアリストな一面も。君主ということもあり、孤独を感じていたが、身分の差などを気にしない剣丞に惹かれていく。辛さ・苦しさを真っ正面から受け止め、傷つきながらもまっすぐに歩いて行くタイプ。だが剣丞の前では一人の女の子となり、弱いところを垣間見せる。「私の夫となれ。そして共に天下への道を歩もうぞ!」
[悪戯物怪]秋子 長尾景虎の右腕。主に政略、内政に通じている。まだ若い身空だが、他の仲間たちが更に若いために年増扱いされてしまうなど、不憫な立ち位置の人。そんな環境に居るためか年齢がコンプレックスのドジッ子お姉さん。突っ走るしかしない暴走特急たちを相手に、日々苦労が絶えない人。
スポンサーリンク

特殊タイプ

戦国恋姫オンライン 奥宴新史の特殊タイプのキャラクターランキングを掲載しています。

【注意】戦国恋姫オンライン 奥宴新史の最強キャラクターのランキングはリリース後に更新する予定です。
順位 キャラクター(武将) 特徴
[伊賀同心]小波 剣丞個人に仕える忍者。一人でいることが多い。草(忍者・間諜という意味)という、身分の低い仕事を生業としている。プロの忍者として、命じられた仕事は常に完璧にこなす。冷徹な性格だったが、剣丞と出会った後、その性格が変わっていく。良くも悪くも、男で変化する女の子。感受性が強く、剣丞のことを思い描き、月を見上げて頬を染めたりなど、実はすごく乙女だったりする。だが仕事をしているときは、プロとして厳格に任務を遂行する。
[越後の龍]美空 越後の龍というあだ名のある、戦の天才。越後・長尾家の当主にして、関東菅領として弱者たちを保護する。責任感が強すぎることから、素直になれず、当主としての役割に全力を注いでいる。だが剣丞と出会ってからは、少女らしい面を見せるようになった。戦いは大好きだが、白兵戦は好きではない。戦う場合は、お家流を使い、盟約を結んでいる仏法四天王を使役して戦う。一見すると豪快そのものだが、家・仲間を守るというプレッシャーに押しつぶされるのを、必死に耐えている、そんな弱さもある。
[影逍遙]薫 武田晴信・信繁の妹。戦いは苦手で、絵を描くのが大好き。戦場ではよく似た顔立ちということで、晴信の影武者を勤めることが多い。個人的武勇無く、戦術・戦略の能力は並適度であるが、絵の技量は抜群で、姉や四天王、兵たちの絵を描いている。お茶・お裁縫・料理などをそつなくこなすタイプ。剣丞と仲良くなったあとは、剣丞にお茶を入れていることが多い。
[剣豪将軍]一葉 室町幕府将軍であり剣豪。洗練された美しい太刀さばきで敵を倒す。とにかく戦うのが大好きで、誇り高く敵には苛烈な性格だが、仲間には優しい。将軍という身分の自分というものを深く理解しているが、その称号が邪魔とも感じている。好奇心旺盛で我慢することを知らず、暴走しては周囲を巻き込んで盛大に自爆し、後処理をする細川藤孝を困らせている。
[ご奉仕]結菜 織田信長の妻。足利義秋と行動を共にすることが多い。信長に対しても剣丞に対しても、姉さん女房的な女の子。しっかり者ではあるが、しっかり者だからこそ自分の素をなかなか表現できない難儀な性格。いわゆる、ツンデレである。怒ったら怖く、二つ名は「鬼蝶」。
[ご奉仕]麦穂 織田家の宿老の一人。柴田勝家と特に仲が良い。織田信長の補佐であり、三若(佐々成政・前田利家・滝川一益)の上司である。穏やかな性格ではあるが、芯の強いタイプ。怒ったら怖い。
[劉備]桃香 「この大陸を平和にするためには……誰かがやらなくちゃいけない事だから」困っている人たちを救うため、仲間と一緒に義勇軍を旗揚げした少女。後に、時代を代表する英雄のひとりとなる。特別な才能は持たないが、その人柄のもとに多くの知将勇将が集結した。人は殺し合うのではなく、対話によってわかり合えると信じて疑わない。乱世にあって掲げた理想を貫こうとする、良く言えば一途。悪く言えば夢想家。
[関羽]愛紗 「我は関羽!劉玄徳の第一の妹にして、姉を守る剣である!」劉備(桃香)の理想に共感し、彼女とともに義勇軍を旗揚げする。まだ無名の武将ながら青龍偃月刀を持たせると、その武勇は並居る大陸の猛将たちにも引けを取らない。生真面目な性格で何事にも固い規律を求めるのは、劉備と対照的。性的なコトにも強く反発するが、それは興味と羞恥の裏返し。可愛いものや人も大好きだが、「らしくない」と強く自分を律している。
[破寧道薫]弥耶 「あれ、名乗ってなかったっけ? うちは荒木村重。弥耶でいーよ」 摂津・有岡城の城主。織田家や連合には属していないが協力的な関係を築いている。 ギャルっぽい軽い口調が特徴。 あまり物事を深く考えない、前向きで楽観的なタイプ。しょっちゅう騒ぎを起こすが どこか憎めない性格。 千宗易の茶の弟子としてたびたび付き従っているが……。
[海獅子降臨]朔夜 関東一円に巨大勢力を築く”北条家”の現当主。知略とカリスマ性により、圧倒的な兵力を持って関東を威圧している”相模の獅子”。常に笑顔を絶やさない穏やかな姿とは裏腹に、権謀術数を得意とし、日の本中心を抑えた織田・武田・長尾の連合軍を冷ややかな目で観察しながら、対抗するための手を打とうとしていた。越後の乱に乗じて長尾家に介入するなど、戦国乱世の大名として活躍していたのだが、とある事件の後、行方不明となる。
[清流の恋人]夕霧 武田晴信の妹で「~でやがります!」というのが口癖。武田晴信・武田信廉と共に行動することが多い。武田家親族筆頭として、姉・晴信を支える、稀代の名将。「~でやがる!」「やがろう!」「やがりましょう!」と、口調は乱暴だが、立ち振る舞いは涼やか、というギャップが魅力的。個人的武勇を持っているものの、それを発揮することにさして重きを置かず、戦術を駆使して敵を殲滅する将領タイプ。なによりも速度を重視し、個人的武勇でも、戦でも、機動力を基本とする。
[清流の恋人]光璃 甲斐の虎というあだ名を持つ戦略の転載で、甲斐・信濃を収める大勢力の主。長尾景虎とは喧嘩友達のような関係。口数が少なく、表情に乏しいながら、喜怒哀楽はしっかりと判別が可能。白兵戦など、自ら武器を持って戦うことはあまり特異ではないが、剣丞に惚れてからは、いつの間にかススっと傍の好位置をゲットして、剣丞に甘えたそうにする。
[兎耳兎尾]兎々 武田晴信親衛隊を務める女の子。晴信のことが大・大・大好きな晴信大好きっこ。ちびっ子であるため、膂力には恵まれていないが、その背丈とスピードを利用して、敵を翻弄する。個人的武勇を発揮することが大好きだが、戦は集団戦であることも重々承知しているので、暴走することは少ない。オン・オフの激しい性格。ダ行が言えず、ラ行になる。
[兎耳兎尾]姫野 北条家に所属する忍者集団”風魔忍軍”の棟梁全国各地に優秀な風魔忍軍を派遣し、氏康の政略両略を支えている。また同じ忍として名を馳せる服部”小波”正成にライバル心を抱き、忍としてどちらか上かを決めるため、勝負を挑んでいるが……あしらわれることが多い。優秀な配下に恵まれているため大過はないが、本人はかなり間が抜けており、凡ミスが多い。ギャルのような出で立ち・口調で男を舐めている節があるが、いわゆる”未通ギャル”。剣丞に手籠めにされたあとは、反発したり憎まれ口を叩きながらも、せっせと奉公していたりする。(但し、本人は絶対に認めない)
スポンサーリンク

支援タイプ

戦国恋姫オンライン 奥宴新史の支援タイプのキャラクターランキングを掲載しています。

【注意】戦国恋姫オンライン 奥宴新史の最強キャラクターのランキングはリリース後に更新する予定です。
順位 キャラクター(武将) 特徴
[帰蝶]結菜 織田信長の妻。足利義秋と行動を共にすることが多い。信長に対しても剣丞に対しても、姉さん女房的な女の子。しっかり者ではあるが、しっかり者だからこそ自分の素をなかなか表現できない難儀な性格。いわゆる、ツンデレである。怒ったら怖く、二つ名は「鬼蝶]。
[今孔明]詩乃 剣丞隊の軍師その1。剣丞の補佐をすることが多い。剣丞隊の頭脳として政戦両略を司り、剣丞の参謀として、常に傍に侍っている。冷静沈着で思慮深いタイプだが、剣丞のやんちゃぷりに呆れながらも、好ましいと思っている。が、翻弄されたあとにお小言を云うことも多い。運動音痴で非力。小寺官兵衛と共に戦略を練ったりと頭脳労働専門である。
[雲月胸霧]十六夜 氏康の二女であり、北条家次期当主と目される少女。気が弱く、ほんわかとした性格。文武においても凡庸なため、家中での人気はあまり高くない。そんな家中の評判は本人の耳にも届いており、皆を納得させるために日々努力をしているのだが……いまいち、身についていないらしい。しかし、とある事件が発生したことにより、剣丞たちと事件解決に向けて邁進する。そんな困難な状況のなか、やがて自覚と能力を開花させていく。
[湯の花]一二三 武田家の諜報部門の責任者。飄々としたタイプで食えない性格。全てを見透かしているが、面白ければ何も言わないタイプ。主に山本晴幸と行動を共にする。山本晴幸のことを大切に思いつつ、良く純情だったり素直だったりするところをからかっている。機略・策略を巡らすことが大好き。個人的武勇もそこそこあるのだが、個人的武勇など鼻にも掛けず、知略で火花を散らすことを望む。
[湯の花]一葉 室町幕府将軍であり剣豪。洗練された美しい太刀さばきで敵を倒す。とにかく戦うのが大好きで、誇り高く敵には苛烈な性格だが、仲間には優しい。将軍という身分の自分というものを深く理解しているが、その称号が邪魔とも感じている。好奇心旺盛で我慢することを知らず、暴走しては周囲を巻き込んで盛大に自爆し、後処理をする細川藤孝を困らせている。
[梅雨の花嫁]梅 剣丞隊で主に鉄砲隊に下知を下し、鉄砲隊運用に力を発揮する。が、本人は鉄砲を撃つことはない。戦術・戦略に通じ、かなりの将才を持つ。キリシタンで、レオという洗礼名を持つが、基本的には流行で、なんだかカッコイイからキリシタン、という程度。外国語にもある程度精通しているため、剣丞のことをハニーと呼ぶ。森小夜叉長可とは仲が悪く、よく喧嘩をしている。
[梅雨の花嫁]雫 剣丞隊の軍師その2(副軍師的ポジション)。竹中半兵衛と行動を共にすることが多い。竹中半兵衛と共に頭脳労働を担当するが、部隊指揮は官兵衛のほうが長けている。穏やかで優しいがために、剣丞達の濃いメンツに振り回されることが多々ある。キリシタンで、シメオンという洗礼名を持つ。但し、本気でキリシタンに心頭してるという訳ではなく、革新的精神を持つ……ということに憧れがあったための入信である。
[にゃんにゃん]光璃 甲斐の虎というあだ名を持つ戦略の転載で、甲斐・信濃を収める大勢力の主。長尾景虎とは喧嘩友達のような関係。口数が少なく、表情に乏しいながら、喜怒哀楽はしっかりと判別が可能。白兵戦など、自ら武器を持って戦うことはあまり特異ではないが、剣丞に惚れてからは、いつの間にかススっと傍の好位置をゲットして、剣丞に甘えたそうにする。
[南瓜魔女]歌夜 武闘派ではあるが、思慮深いタイプ。本田忠勝の親友であり、姉役。細かいところに気がつく気配りの達人。家庭的なところもあり、料理も得意。読書などもしていたり、と武人らしからぬ側面を持つ。本田忠勝の背中を守るように戦うことが常で、鬼と対峙してもまったくヒケを取らないぐらいには、個人的武勇がある。穏やかで、本田忠勝のことを微笑みながら見守っていることが多い。
[代理看板娘]ちい子 「だからお願いお姉ちゃん! 私も、お姉ちゃんのところで働かせて!」 木下秀吉の妹。姉妹の仲は大変良く、姉同様に峰須賀正勝と幼なじみ。 これまでは姉たちの活躍を地元尾張で見聞きしていたが、姉がおお仕事に四苦八苦していると聞き、 居ても立ってもいられず剣丞隊に加わる。 温厚でポジティブなタイプ。物腰の柔らかさを生かした調整役がうまく、隊の揉め事をお冷めたり、 大人びた一面もあり、剣丞達をからかうことも。
[南瓜魔女]綾那 ご存知、松平元康の驍将。相棒である榊原康政と共にいることが多い。田楽狭間に落ちてきた剣丞のことを、阿弥陀如来の化身と思い定め、尊敬と好意を寄せる。表情豊かで感情豊かな年相応に無邪気なところが可愛らしい女の子。戦うこと、運動することが大好きで、本作で個人的武勇ならば一番強い。
[侘茶聖]茶々良 「どうか世の些事に惑わされず、一期一会のひとときをお楽しみくださいませ」堺を拠点とする茶人/商人。堺の商人の集まりである会合衆にも顔がきく。若くして茶の湯を大成させた大家として諸国で有名で、有力者の間でも弟子入りを志願する者が後を絶たない。物腰柔らかく穏やかで、いかにも大人の女性といった雰囲気。全てを見通すような瞳の奥は謎に満ちている。
スポンサーリンク

戦国恋姫の基本情報

タイトル 戦国†恋姫オンライン〜奥宴新史〜
ジャンル 乙女絢爛☆陣形オートバトルRPG
価格 基本プレイ無料
配信日 2021年10月21日
対応OS iOS/Android
会社 合同会社EXNOA
公式サイト 『戦国†恋姫オンライン〜奥宴新史〜』公式サイト
公式Twitter 『戦国†恋姫オンライン〜奥宴新史〜』公式アカウント
ゲームサーチ公式ツイッターにて戦国恋姫オンライン 奥宴新史の攻略情報を投稿しています。戦国恋姫オンライン 奥宴新史をプレイされている方はぜひフォローしてください。

 

スポンサーリンク



戦国†恋姫オンライン〜奥宴新史〜
SNSでシェアする
wpmasterをフォローする



ゲームサーチ

コメント