SAOアリブレ攻略:キャラクターの効率的なレベルの上げ方

ソードアートオンラインアリシゼーションブレイディング アリブレ攻略 アリブレ攻略

このページでは、SAOアリブレのキャラクターの効率的なレベルの上げ方について解説しています。ゲームサーチでは、SAOアリブレの攻略情報を更新しているので、プレイしている人はぜひご活用ください。

SAOアリブレ攻略メニューに戻る

 

スポンサーリンク

キャラクターをレベルアップさせるメリット

ステータスのアップ

キャラクターのレベルが上がることで、基本のステータスが上がります。

高難易度イベントでは必ずレベルを上げた状態で、挑戦しましょう。

スキルの解放・強化

キャラクターの到達レベルで、スキルの解放条件を満たすことができます。

ソードスキルの他、ATKUPや、弱点属性へのボーナス効果などもありますので、より戦略的な編成が可能となるでしょう。

特に、限界突破後に解放される「限界突破スキル」は強力です。

限界突破のメリットとやり方

 

スポンサーリンク

キャラクターの効率的なレベルの上げ方

成長クエスト「経験値の恵み集め」でレベルアップする

SAOアリブレ:経験値の恵み集め

成長クエスト「経験値の恵み集め」は、アリブレで効率よくレベルアップをするために、中心となる方法です。

1日に5回と回数が限られていますので、毎日忘れずにクリアしましょう。

毎日するべきこと

サブメンバー枠、サポーター(フレンド)枠を活用しよう

「経験値の恵み集めのLv70」は、育成が充分にできていないキャラクターでは、途中でやられてしまう場合があります。

その場合はサブメンバーへの編成や、全体攻撃持ちのキャラをサポートに連れていき効率よく周回しましょう。

サポーター枠でキャラを選ぶ方法

画面右上「ALL」をタップ
SAOアリブレ:サポーター枠変更
「目的のキャラの属性」をタップ
SAOアリブレ:サポーター枠変更
全体攻撃持ちのキャラを選択して「クエスト開始」
SAOアリブレパーティ編成

※開始後はマニュアル操作でサポーター枠のキャラと交代する必要があります。

サポートキャラの編成方法

ブーストアイテムを活用しよう

SAOアリブレ:ブーストアイテム

クエストの前にブーストアイテムを使用する事で、獲得経験値が2倍になります。

回数制限5回分すべてに使用することで実質2日(10回分)の経験値を入手できますので、積極的に活用していきましょう。

ブーストアイテムの使用方法

「ブーストアイテム」をタップ
SAOアリブレ:ブースト方法
「経験値ブースト2倍(真ん中のアイテム)」をタップ
SAOアリブレ:ブーストアイテム
ブーストアイテムが光っていればOK
SAOアリブレ:経験値ブースト

通常クエストは非効率!?

SAOアリブレでは、通常のクエストバトルでも経験値を獲得することが出来ます。

しかし獲得経験値が少なく、イベントでは周回効率も求められるので、通常クエストでのレベル上げはあまりお勧めできません。

効率の良くレベル上げを行う場合は、挑戦回数回復チケットを使用して、経験値クエストを周回することをおすすめします。

強化用素材でレベルアップする

SAOアリブレ強化

強化用素材を使用することで、バトルをしなくてもレベルアップをする事が出来ます。

限界突破後でレベルが100近くになると、経験値クエストでも複数回周回する必要が出てくるので、強化用素材で一気に上げてしまうのもおすすめです。

素材が足りない場合のアドバイス

経験値量は落ちますが、下にスクロールすると別の属性の強化素材も選択が可能です。

下記画像のように、手持ちのキャラクターの属性によって、強化素材が大量に余っている場合もありますので、確認してみましょうは。

SAOアリブレ:キャラクターレベル上げ

 

強化素材で獲得できる経験値量
聖地の水 315
聖地の聖水 1050
聖地の恵み 3150
聖地の大恵 31500
限界突破のメリットとやり方

 

スポンサーリンク

レベルアップのやり方

ホームから「パーティ」をタップ
SAOアリブレ攻略:ホームパーティ
「キャラ一覧」をタップする(パーティーにいる場合はレベル横の「+」をタップ)
SAOアリブレ:パーティー画面
「キャラ一覧から限界突破をしたいキャラをタップ
SAOアリブレ攻略:キャラ一覧
「限界突破」をタップする(強化アイテムが無い場合は写真のように暗くなります。)
SAOアリブレ:強化
素材を選び「強化」をタップする(オススメ強化で最大まで上げれます。)
SAOアリブレ強化
完成

 

人気ゲーム機の予約情報
アリブレ攻略
スポンサーリンク
KTNをフォローする
ゲームサーチ

コメント

タイトルとURLをコピーしました