ソフトバンクのゲーミングスマホおすすめ7選

ゲーミングスマホ

この記事では、大手通信キャリアソフトバンク(SoftBank)にて販売されているおすすめのゲーミングスマホをご紹介しています。ソフトバンクの注目のゲーミングスマホ「AQUOS zero2」の詳細を掲載しています。

 

スポンサーリンク

AQUOS zero2がおすすめ

基本スペック

発売時期 2019年12月
販売価格 95,040円(ソフトバンク)
CPU Snapdragon 855
RAM/ROM 8GB/256GB
ディスプレイ 6.4インチ, 有機ELディスプレイ
解像度 フルHD+1080×2340
リフレッシュレート 240Hz
バッテリー容量 3130mAh

ゲーミングスマホとして注目

ハイパフォーマンスのスマホということで、発売元のSHARPが「動画やゲームも快適に楽しめる」と謳っています。

確かにCPUは最新の「Snapdragon 855」を搭載し、RAM/ROMは「8GB/256GB」を搭載しています。

FPSやMMORPGなどの展開が早いゲームに必要なリフレッシュレートは240Hzとなっているので、どのようなゲームも快適にプレイすることが可能です。

普段使いも快適

ハイスペックゲーミングスマホの場合、「普段使いが難しい」というデメリットがありました。

しかし、AQUOS zero2は、単純にハイスペックというわけではなく、普段使いも快適に利用することができるスマホです。

AQUOS zero2を購入すれば、ゲーミングスマホとの二台持ちをする必要がないので、月額費用や端末の購入代金の費用を抑えることができます。

今なら50,760円で購入可能!!

通常、95,040円で販売されているAQUOS zero2を今なら50,760円で購入することができます。

※下記のリンクからアクセスされた方のみ50,760円で購入することができます。

※すでにソフトバンクに加入している方は、61200円で購入できます。

 

スポンサーリンク

おすすめのゲーミングスマホ

AQUOS R5G

基本スペック
CPU Snapdragon865
RAM/ROM 12GB/256GB
解像度 2K+1440×3168
リフレッシュレート 120Hz
バッテリー容量 3730mAh

AQUOS R5Gは、ソフトバンク以外にも大手キャリアのドコモとauからも発売されている機種です。

最新通信サービスの5Gに対応しているスマホなので、ゲームのプレイはもちろんのことネットサーフィンや動画を頻繁に楽しむ人にもおすすめとなっています。

OPPO Reno3 5G

基本スペック
CPU Snapdragon765G
RAM/ROM 12GB/256GB
解像度 フルHD+1080×2400
リフレッシュレート 90Hz
バッテリー容量 4025mAh

OPPO Reno3 5Gは、7月下旬に発売予定の最新機種です。

基本スペックが全体的に高く、普段使いにも良し、ゲームを頻繫にプレイする人にもおすすめのスマホとなっています。

ZTE Axon 10 Pro 5G

基本スペック
CPU Snapdragon865
RAM/ROM 6GB/128GB
解像度 フルHD+2340×1080
リフレッシュレート 120Hz
バッテリー容量 4000mAh

ZTE Axon 10 Pro 5Gは、ソフトバンクから2020年3月に発売された最新機種です。

同スペックで5G対応のスマホと比べると、販売価格が断然安いのが魅力です。

Xperia 5

基本スペック
CPU Snapdragon855
RAM/ROM 6GB/64GB
解像度 フルHD+2520×1080
リフレッシュレート 120Hz
バッテリー容量 3000mAh

Xperia 5は、国内メーカーのSONYから発売されているスマホです。

21:9シネマワイドとなっているので、複雑な操作が必要なFPSやMMORPGを頻繁にプレイする人におすすめ!!

Google Pixel 4

基本スペック
CPU Snapdragon855
RAM/ROM 6GB/64GBまたは128GB
解像度 フルHD+1080×2280
リフレッシュレート 90Hz
バッテリー容量 2800mAh

Google Pixel 4は、Google から発売されているスマホです。

高性能なCPUを搭載しているのはもちろんのこと、高品質カメラが搭載されているのが魅力的なポイントとなっています。

iPhone 11 Pro

基本スペック
CPU  A13 Bionic
RAM/ROM 4GB/64GB~512GB
解像度 フルHD+1125×2436
リフレッシュレート 60Hz
バッテリー容量 3190mAh

iPhone 11 Proは、アップルから発売されているiPhoneの最新モデルです。

スペック自体は低いわけではありませんが、同じスペックを搭載しているアンドロイド機種と比べると、販売価格が若干高いのはデメリットとなります。

しかし、日本国内では、iPhoneシリーズのシェア率が高く、普段使いにもおすすめのスマホとなっています。

iPad Pro

基本スペック
CPU A12Z Bionic
RAM/ROM 6GB/128GB~1TB
解像度 2388×1668
リフレッシュレート 120Hz
バッテリー容量 9920mAh

※最新「iPad Pro 12.9」のスペックを掲載しています。

iPad Proは、タブレットPCにはなってしまいますが、とにかくゲームをやり込みたいという人におすすめの機種です。

大画面でプレイすることができ、CPUやRAMなどのスペック高いので、FPSやMMORPGのプレイに最適です。

ゲーミングスマホのおすすめ15選【2020年7月最新版】
この記事では、スマホゲームを快適にプレイすることができるおすすめのゲーミングスマホをご紹介しています。ゲーミングスマホの選び方のコツやハイスペック&お手軽に購入できるゲーミングスマホを掲載しているので、購入の参考にしてください。

 

スポンサーリンク

ゲームスマホランキング


第1位 

AQUOS R5G CPU:Snapdragon865

RAM/ROM:12GB/256GB

リフレッシュレート:120Hz


第2位

ZTE Axon 10 Pro 5G CPU:Snapdragon865

RAM/ROM:6GB/128GB

リフレッシュレート:120Hz


第3位

Google Pixel 4 CPU:Snapdragon855

RAM/ROM:6GB/64GBまたは128GB

リフレッシュレート:90Hz


第4位

iPhone 11 Pro CPU: A13 Bionic

RAM/ROM:4GB/64GB~512GB

リフレッシュレート:60Hz


第5位

Xperia 5 CPU:Snapdragon855

RAM/ROM:6GB/64GB

リフレッシュレート:120Hz


第6位

OPPO Reno3 5G CPU:Snapdragon765G

RAM/ROM:12GB/256GB

リフレッシュレート:90Hz


圏外

CPU:A12Z Bionic

RAM/ROM:6GB/128GB~1TB

リフレッシュレート:120Hz


 

スポンサーリンク

ソフトバンクの月額料金

大手キャリアで契約するとなると、どうしても月額料金が高くなってしまいます。

スマホの割賦支払いが可能とはいえ、確実に月10,000円以上の出費になってしまうのが現状です。

SIMフリーverの購入がおすすめ

少しでも月額料金を抑えたいという人は、SIMフリーの「AQUOS zero2」を購入して、格安SIMを契約するのがおすすめです。

仮に端末を一括で購入した場合でも、下記の月額料金の差が出てしまいます。

ソフトバンク 7,500円前後
OCNモバイル 1,000円~

※端末は一括購入することを前提に月額費用を掲載しています。

OCNモバイルONEの公式サイトはこちら

 

▽参考記事はこちらから▽

 

ゲーミングスマホのおすすめ15選【2020年7月最新版】
この記事では、スマホゲームを快適にプレイすることができるおすすめのゲーミングスマホをご紹介しています。ゲーミングスマホの選び方のコツやハイスペック&お手軽に購入できるゲーミングスマホを掲載しているので、購入の参考にしてください。
格安ゲーミングスマホ10選!!5万円以下で購入可能
この記事では、5万円以下で購入できる格安のゲーミングスマホ10選をご紹介しています。ゲーミングスマホの選び方のコツや安くても快適にプレイできるコツを解説しているので、ぜひ参考にしてください。
5G対応のゲーミングスマホ10選【2020年7月最新版】
日本国内では、2020年から5Gという新しい通信システムのサービスが開始することになりました。5Gの通信サービスが開始することによって、今まで以上に快適なゲームライフを送れます。この記事では、5G対応のゲーミングスマホ10選をご紹介しているので、購入の参考にしてください。
ゲーミングスマホ
スポンサーリンク
wpmasterをフォローする
ゲームサーチ

コメント

タイトルとURLをコピーしました