【ゲーム業界転職】未経験でゲーム業界に転職を成功させるポイント|求人情報

ゲーム業界転職

この記事では、ゲーム業界に転職希望をしている人に向けてゲーム業界内の年収や仕事内容や転職を成功させるポイントをご紹介しています。ゲーム業界への転職に必須スキルやおすすめのエージェント&求人情報を掲載しているので、ゲーム業界への転職を希望している人は参考にしてください。

 

スポンサーリンク
  1. ゲーム業界にはどのような職種があるの!?
    1. ゲームプランナー
    2. ゲームディレクター
    3. ゲームプロデューサー
    4. ゲームプログラマー(エンジニア)
    5. ゲームデザイナー
    6. ゲームデバッガー
    7. ゲームライター
    8. ゲーム会社営業職
  2. ゲーム業界の年収
    1. 年収早見表
    2. 大手企業なら年収は高い
    3. 営業職の年収が良い
  3. ゲーム業界に必須スキルや資格
    1. ゲームへの情熱
    2. マーケティング力
    3. やり遂げる力と責任感
    4. 開発スキル(プログラマー)
    5. Webデザイナーのスキル
  4. 未経験でゲーム業界に転職を成功させるポイント
    1. Webの知識とゲームへの熱い情熱
    2. 職種に合ったスキルを習得する
    3. 転職エージェントを活用する
  5. ゲーム業界未経験におすすめの職種
    1. ゲームライター(難易度:低め)
    2. ゲームデバッカー(難易度:低め)
    3. ゲームプランナー(難易度:普通)
    4. ゲームプログラマー(難易度:高め)
  6. 未経験でゲーム業界の転職を成功させた事例
    1. 調理師からゲームプログラマーへ転職
      1. ゲーム業界に転職したきっかけ
      2. ゲーム業界に転職できたコツ
      3. 今の仕事の魅力
    2. 建築業からゲームデザイナーへ転職
      1. ゲーム業界に転職したきっかけ
      2. ゲーム業界に転職できたコツ
      3. 今の仕事の魅力
    3. 副業がきっかけでゲームライターへ転職
      1. ゲーム業界に転職したきっかけ
      2. ゲーム業界に転職できたコツ
      3. 今の仕事の魅力
    4. ゲーム業界に注目度が高くなって転職を決意
      1. ゲーム業界に転職したきっかけ
      2. ゲーム業界に転職できたコツ
      3. 今の仕事の魅力
  7. 【ゲーム業界転職サービス】おすすめのエージェント&求人情報
    1. ファミキャリ
    2. マイナビエージェント
    3. リクルートエージェント

ゲーム業界にはどのような職種があるの!?

 

ゲーム業界の中には、ゲームを作る(開発)会社ゲームの情報を発信するメディア会社といったように分野ごとに職種が細分化されています。

ゲーム業界=ゲームを開発する仕事」という認識を持っていた人も多いはずですが、それは誤った認識ということです。

まずは、ゲーム業界にはどのような職種があるのかご紹介していきます。

  • ゲームプランナー
  • ゲームディレクター
  • ゲームプロデューサー
  • ゲームプログラマー
  • ゲームデザイナー
  • ゲームデバッガー
  • ゲームライター
  • ゲーム会社営業

ゲームプランナー

ゲームプランナーの仕事内容は、ゲームの企画・構成を作ります。

具体的には、ゲームのストーリーや世界観、登場キャラクター、イベント内容の企画を考えます。

実際にプレイしているユーザーが長く楽しく遊べるゲームを作るために、キャンペーンやイベントといった企画を考えることもあります。

ゲームプランナーの仕事内容や年収こちら

ゲームディレクター

ゲームディレクターの仕事内容は、ゲーム開発の監督・リーダーです。

開発に携わるチームメンバーをまとめ、ゲーム内容の企画や完成までのスケジュール管理などを担います。

ゲームディレクターの存在は、ゲームの開発からリリースを進行させるために必要不可欠な職種です。

未経験からの転職は難しく、ゲームディレクターとして活躍するにはゲーム業界での経験が必須の職種となっています。

ゲームディレクターの仕事内容や年収こちら

ゲームプロデューサー

ゲームプロデューサーの仕事内容は、予算や人員編成などプロジェクト全体の管理です。

ゲームディレクターと仕事内容が似ている部分も多いのですが、関係性としては「ゲームプロデューサー>ゲームディレクター」となります。

一つのゲームタイトルの企画から開発まで携わり、さまざまな知識や経験が必要なので、未経験でいきなりゲームプロデューサーに転職するのは難しい職種です。

ゲームプロデューサーの仕事内容や年収こちら

ゲームプログラマー(エンジニア)

ゲームプログラマー(エンジニア)の仕事内容は、さまざまなプログラミング言語を使って、ゲームのベースとなる部分のプログラミング をします。

ゲームを動かすために重要な職種なので、ゲーム業界の職種の中でも注目されることが多いです。

ゲームプログラマーに憧れを持つ人は多いのですが、プログラミング言語の知識が必要なため、未経験からゲームプログラマーとして活躍するのは難しい職種となっています。

ゲームプログラマーの仕事内容や年収こちら

ゲームデザイナー

ゲームデザイナーの仕事内容は、キャラクターやアイテムのデザインや演出(エフェクト)などを作ります。

ゲームプランナーから提案された企画・構成に沿って業務を遂行します。

さまざまなツールの知識が必要なので、未経験からゲームデザイナーとして活躍するのは難しい職種となっています。

ゲームデザイナーの仕事内容や年収こちら

ゲームデバッガー

ゲームデバッカーの仕事内容は、開発中や完成されたゲームを実際にプレイして不具合やバグを見つける仕事です。

派手な職種ではないので地道にコツコツこなせる根気強さが必要となってきます。

特別なスキルは必要はないので未経験の人でも転職しやすい職種です。

ゲームデバッガーの仕事内容や年収こちら

ゲームライター

ゲームライターの仕事内容は、ゲームメディアで新タイトルの情報や攻略情報の記事を執筆します。

文章を作ることが得意であれば、特にスキルが必要なく未経験でも転職することが可能な職種となっています。

ゲームライターの仕事内容や年収こちら

ゲーム会社営業職

ゲーム会社の営業の仕事内容は、新規タイトルの宣伝や販売ルートの確保を行います。

一般企業の営業職と大きく異なる点はなく、自社の商品がゲームという点がゲーム会社営業の特徴です。

営業経験が求められる職種ではありますが、ゲーム開発などの特別スキルが必要ないので、比較的転職しやすい職種となっています。

ゲーム会社営業の仕事内容や年収こちら

 

スポンサーリンク

ゲーム業界の年収

ゲーム業界の年収は、職種や年齢によって大きく異なります。職種&年代に分けてゲーム業界の年収をご紹介しています。

年収早見表

職種/年齢 20代 30代 40代 50代
プランナー 250万円 310万円 360万円 不明
ディレクター 330万円 450万円 520万円 不明
プロデューサー 360万円 540万円 600万円 不明
プログラマー 340万円 460万円 540万円 560万円
デザイナー 260万円 320万円 410万円 430万円
デバッガー 300万円 430万円 500万円 不明
ライター 260万円 320万円 400万円 430万円
営業職 360万円 500万円 720万円 800万円

※ボーナスを含む年収を掲載しています。

※各職種に平均収入なので企業によって年収の違いがあります。

大手企業なら年収は高い

任天堂やスクウェア・エニックスといった有名タイトルをリリースしている企業であれば年収が高い傾向にあります。

企業名 年収
任天堂 935万円
スクウェア・エニックス 1386万円
コナミ 748万円

しかし、最近は中小企業のゲーム開発会社が増えているため、ゲーム業界全体の年収は低い傾向にあります。

営業職の年収が良い

ゲームプログラマーやゲームデザイナーといった技術職よりも営業職の方が年収が高い傾向にあります。

営業職は、特別なスキルが必要ないため、未経験でも転職しやすい職種と言っても過言ではないでしょう。

ゲーム業界の年収ランキングについて下記の記事でご紹介しているので、ゲーム業界転職の参考にしてください。

 

スポンサーリンク

ゲーム業界に必須スキルや資格

ゲームへの情熱

ゲーム業界に転職するためには、とにかくゲームへの情熱を持っていることが重要です。

ゲーム業界は、イメージしている以上に大変な業務が多いので、「ゲームが好きでなければ続けれない」といったことに直面することが多々あります。

特に未経験からゲーム業界に転職する場合は、「ゲームへの情熱」という部分が採用に大きく関わってくるので、面接やエントリーシートで伝えていきましょう。

マーケティング力

ゲームプランナーやゲームディレクターとして活躍したい場合、マーケティング力のスキルが必須です。

具体的には、「長くプレイしてもらえる」、「自然に課金してもらえるような流れを作る」といった思考が求められます。

マーケティング力に自信がある人は、ゲームプランナーやゲームディレクターへの転職がおすすめです。

やり遂げる力と責任感

ゲームの開発に携わる場合、やり遂げる力と責任感が必須スキルです。

1つの作品を企画からリリースするまでは、年単位の月日が経ちます。その中でさまざまな問題点に直面することになるので、やり遂げる力と責任感は必ず兼ね備えておきましょう。

開発スキル(プログラマー)

ゲームの開発(プログラマー)として転職したい場合、開発スキルが必須です。ゲームプログラマーは、業界内でも重要な立ち入りであり、ゲームの開発という部分にたくさん携われる仕事です。

開発スキルはないけど、プログラマーとしてゲーム業界に転職したい」という人は、テックアカデミーの無料体験講座から挑戦することをおすすめします。

在宅で開発スキル(プログラミング)を学習することができます。「未経験かプログラマーに転職できた」という実績があるサービスです。

 

⇒テックアカデミーの無料体験はこちらから

Webデザイナーのスキル

ゲームデザイナーに転職したい場合、Webデザインのスキルが必須です。さまざまなツールを使いこなせるスキルやデザイン力があると、ゲーム業界転職が優位になります。

未経験でもスキルさえ習得すれば転職しやすいので、「ゲームの世界観を作りたい」という人におすすめです。

 

⇒【無料体験あり】Webデザイナーの在宅学習ができるサービスはこちらから

スポンサーリンク

未経験でゲーム業界に転職を成功させるポイント

Webの知識とゲームへの熱い情熱

高度なスキルが必要な技術職でなければ、軽いWebの知識とゲームへの熱い情熱で未経験でもゲーム業界に転職することが可能です。

職種に合ったスキルを習得する

プログラミングスキルやWebデザインの知識、マーケティング力があれば、転職できる可能性をさらに高めることができます。

ゲーム業界転職と言っても、職種によって求められるスキルはさまざまです。自分が目指している職種に合ったスキルを取得して、ゲーム業界転職の幅を広げましょう。

転職エージェントを活用する

ゲーム業界未経験から転職したい場合は、エージェントを活用するのがおすすめです。

ゲーム業界転職に強いエージェントサービスに登録することで、未経験でもゲーム業界に転職できる可能性を広げることができます。

ゲーム業界の転職エージェント

ファミキャリ
ゲーム業界転職専門のエージェント
マイナビエージェント
20代からの人気が高くゲーム業界の転職率が高い
リクルートエージェント
業界No1!!転職者の8割が利用したことがある大手転職エージェント

 

スポンサーリンク

ゲーム業界未経験におすすめの職種

ゲームライター(難易度:低め)

ゲームライターへの転職であれば業界完全未経験でも転職しやすいです。

ゲームサーチのライターも業界未経験の人が8割を占めており、現状のスキルや資格に関係なく「ゲームをプレイすることが好き」という部分で採用を判断することがあります。

「未経験、未スキルだけど、ゲーム業界に転職したい」という人はゲームライターへの転職がおすすめです。

ゲームデバッカー(難易度:低め)

ゲームデバッカーへの転職であれば業界未経験でも転職しやすいです。

ゲームデバッカーの募集形態としては、デバック専門の会社の求人とゲームメーカーに直接雇われる二つがあります。デバック専門の会社であれば、ゲーム業界未経験でも積極的に採用している印象があります。

ゲームプランナー(難易度:普通)

ゲームプランナーは、業界未経験でも積極的に採用している会社がたくさんあります。

ストーリーやシナリオを作って、面白いゲームを企画したい人におすすめの職種です。

最近だと、ゲームデバッカーからゲームプランナーにキャリアステップする人も多いそうです。

ゲームプログラマー(難易度:高め)

ゲームプログラマーへの転職は難易度が高めではありますが、開発スキル(プログラミング)があれば未経験でも転職できる可能性があります。

ゲームをゼロイチから作ることができるので、やりがいという点でも人気が高い職種です。

 

⇒【無料体験あり】プログラミングスキルの取得はテックアカデミー

 

スポンサーリンク

未経験でゲーム業界の転職を成功させた事例

調理師からゲームプログラマーへ転職

転職した人の情報
年齢 25歳 最終学歴 高校卒業
性別 前職 飲食店

ゲーム業界に転職したきっかけ

学生時代からゲームが好きだったので、いつかゲーム業界で働きたいという願望がありました。

しかし、高校卒業してからは5年間飲食店で勤務。そろそろ転職しようか悩んでいるときに自分が好きなゲームの世界に転職することを決断しました。

ゲーム業界に転職できたコツ

ゲーム業界に転職できる知識や経験が全くゼロだったので、在宅できるプログラミング学習を習うことにしました。

半年の学習である程度プログラミングの知識を付けることができ、それを武器にゲームプログラマーに転職することができました。

今の仕事の魅力

ゲームプログラマーの魅力は、何もないところに新しい世界を作り出すということです。

また、自分が携わったゲームが実際にリリースされるという達成感。とてもやりがいがある仕事です。

建築業からゲームデザイナーへ転職

転職した人の情報
年齢 28歳 最終学歴 大学卒業
性別 女性 前職 建築業界

ゲーム業界に転職したきっかけ

学生時代からゲーム業界、建築業界のどちらに就職しようか迷っていました。

建築業界も楽しく仕事をできたいたのですが、「ゲーム業界にも関わってみたい」という思いが強かったので、一念発起して転職することを決断しました。

ゲーム業界に転職できたコツ

元々Webデザインの勉強をしていたことがあって、ある程度の知識やスキルを兼ね備えていました。

また、ゲーム業界に強い転職エージェントを通したので、転職自体はとてもスムーズにすることができました。

今の仕事の魅力

ゲームデザイナーは、ゲームプランナーやディレクターから提案された内容に沿って、ゲームの世界観やキャラクターをデザインする仕事です。

最近だと、新しいキャラクターの企画会議にも参加しています。私が提案したキャラクターがゲームで登場することが決まったときは、「この業界に入って良かった」と思った瞬間でした。

副業がきっかけでゲームライターへ転職

転職した人の情報
年齢 30歳 最終学歴 高校卒業
性別 女性 前職 アパレル

ゲーム業界に転職したきっかけ

休みの日にスマホゲームをよく遊んでいて、「ゲーム業界で働くの楽しそう」、「自分もやってみたい」といった漠然とした思いが常にありました。

ある副業サイトでゲーム攻略ライターの募集をしていたので、最初はアパレルで働きながらゲーム攻略ライターの活動。そこから「ゲーム業界で働きたい」という気持ちが少しずつ強くなりました。

ゲーム業界に転職できたコツ

先ほども答えたように、転職までは副業でゲーム攻略ライターとして活動していました。

活動していた企業さんから正社員登用の声をかけていただき、未経験からゲーム業界に転職することができました。

今の仕事の魅力

実際にゲームをプレイしながらさまざまな攻略情報を発信するのが楽しいです。

決して華やかな世界ではありませんが、ゲームメーカー、ゲームをプレイするユーザーの架け橋となっている立場なので、日々やりがいを感じながら働くことができています。

ゲーム業界に注目度が高くなって転職を決意

転職した人の情報
年齢 43歳 最終学歴 大学卒業
性別 男性 前職 アプリ会社勤務

ゲーム業界に転職したきっかけ

元々アプリ会社で働いていたころもあり、ゲーム業界の動向は常にチェックしていました。

近年、e-Sportsを含めてゲーム業界が注目されているので、「自分もゲーム業界に関わってみたいな」という思いからゲーム業界への転職を決断しました。

ゲーム業界に転職できたコツ

ゲーム業界ではありませんが、元々アプリ会社に勤務していたこともあって、転職自体はあまり難しくなかったです。

コツと言うほどではありませんが、転職エージェントに登録していたことでスムーズにゲーム業界に転職することができました。

今の仕事の魅力

ゲームプロデューサーは、ゲームプランナー、デザイナー、ディレクター、デバッカーといった開発チームをまとめる役割です。

タイトルの最高責任者でもあるので、良くも悪くも常にプレッシャーがあります。リリースしたタイトルが多くの人からプレイされると、「携わって良かった」とホッとしています。

 

スポンサーリンク

【ゲーム業界転職サービス】おすすめのエージェント&求人情報

ファミキャリ

ファミキャリは、ゲーム業界に特化したエージェント(転職サイト)なので、「とにかくゲーム業界に転職したい」という人におすすめです。

担当エージェントがゲーム業界に詳しいので、未経験でも充実したサポートを受けることができます。

①ゲーム業界専門のエージェント(転職サイト)
②中小ゲーム企業とのコネクションあり
③担当エージェントがゲーム業界に詳しい

ファミキャリに相談する

マイナビエージェント

マイナビエージェントは、第二新卒、若手層を採用したい企業の紹介数が業界No1です。

取り扱っている企業は幅広く、ゲーム業界以外の転職もできます。

20代でゲーム業界に転職したい人におすすめのエージェントです。

①第二新卒!!若手層を採用したい企業の紹介数がNo1
②20代の登録者数No1
③ゲーム業界以外の転職も可能

マイナビエージェントに相談する

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、業界No1の登録者数で転職経験した8割の人が利用したことがあるエージェントです。

大手エージェントということもあり、ゲーム業界へのコネクションが多数あります。

また、提出書類の添削、面接対策が充実しているので、ゲーム業界未経験にもおすすめです。

①業界No1の登録数!!転職者の8割が利用経験あり
②提出書類の添削、面接対策が充実
③ゲーム業界だけではなく、幅広い企業とのコネクション

リクルートエージェントに相談する

 

人気ゲーム機の予約情報
ゲーム業界転職
スポンサーリンク
wpmasterをフォローする
ゲームサーチ

コメント

タイトルとURLをコピーしました